FC2ブログ

プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


クラス分けテスト

着いて早々この日はクラス分け試験の日。朝6時
半ごろに起きたので、昨日やり残していた荷物を
整理する事に。そうこうしているうちに、あっと
時間が経って8時になっていた。9時に学校の前で
待ち合わせをしているのと、学校までの時間が、
どの程度かかるか分からないということもあって
少し急ぐ。シャルル・ミッシェルの駅からメトロに
乗りレンヌへ。駅を出ると朝市が行われていた。
着いた時間も少し早く、そしてバタバタしていたので
朝御飯を食べそびれていた。"CAFEにでも入って"と
思ったが、こんな時に限って見つけられない。時間が
だんだん少なくなってきたので、結局食べずに学校へ。
正門の前には駐在員さんが待ってくれていた。学校に
入るときは、学生証を見せないと中には入れないので、
テストを受けに来たことを説明し2階のテスト会場に。

中に入ると早速簡単な質問をされ(フランス語を何年
勉強していますか?とか、どこの国の方ですかなど)
そして問題を渡された。空いている席に適当に座って
回答に入る。問題の内容は、四択式で文章の穴埋め
問題が3問と作文問題が1問。

文章穴埋め問題は1.旅行先からの手紙文。
2.エッフェル塔とメトロのこと。3.パリの歴史。文作の
問題は、あなたはパリを離れていることを想定して
約200字ぐらいで友達に手紙を書きなさい。という
ものだった。最初の2題は簡単だったが、3問目は
少し難しかった。文作はまず話の"ねた"から考え
なくてはならないからだ。辞書を持っていたので、
「辞書を使っていいか」と聞くと「だめ」といわれる。
「テストだからね」っと。時間の制限も無いので、
記述がすべて終了するとその場ですぐ採点に入る。
僕の場合、特に文作の方は時制のことを注意された。
ここで、すぐにレベル別に分けられるのだが、担当の
試験官は"最初日本で登録したクラスより、少し多く
授業をこなしてから授業数を減らしてみては"という
提案があり、日本でも語学学校に通ったことが全然
無く、不安ということもあってその提案を受け入れた。

会場の外に出て行くと、試験を受けるたくさんの人が
並んでいた。1階に降りて学生登録のために教務課へ
向かう。ここには毎月1回、授業の登録をしなくては
ならないので、またまた並んだ。そして僕の番になって
登録をするのだが、授業料の送金が終わっているはず
なのに、事務員は"またお金を払え"という。でも
このとき駐在員が、"差額を払う必要がない"と
言ったのにもかかわらず、事務員のマダムは淡々と
手続きをしてしまった。そうすると後ろの別のマダムが
"またいつもの事をやっているの"と注意に入ってくれて、
手続きは何とか完了した。教務課を出る頃には、
またまた長蛇の列に。

学校を出るとすぐに駐在員とすぐ別れ、レンヌから
モンパルナスまで歩いた。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。






スポンサーサイト



今日から学校がスタートするのだが、その前にこの学校
(アリアンス・フランセーズ・パリ)のプログラムがどうなって
いるのかを説明しようと思う。

まずsessionが始まるまでに、クラス分けテストを受けて
おかなければならない。テストの内容については、このブログの
2007年11月28日に書いた"クラス分けテスト"の項を。その
テストの結果によってレベルに分けられる。Degres1が初級。
2が中級、3が上級で一番最高は5。1つのDegresの中でも
更に細分化されており、授業時間が1日4時間のIntensifは
2つ、1日2時間のExtensifと夜間クラスは4つに区分されて
いる。

例えばIntensifの場合、Degres1-1、1-2、2-1、2-2、3-1、
3-2…の順に上がっていくのだが、Degresを上げるには毎月末
行われるテストに合格しなければならない。(担当教授によっては
2週間に1回行う場合もある)またDegres2が修了すると特別に
設けられたクラスの登録も可能となる。例を挙げるとOral
(口述クラス)Ecrit(記述クラス、記述クラスはDegres1でも可)
などの基本クラスをはじめ、テアトル、モード、カストロノミー、
ワイン、秘書、旅行関連の専門クラスに登録できるので、
とりあえずDegers2は終わらせておきたい。

僕の場合、テストの結果Intensifコースを選択しDegres1-2に
割り当てられ、その後2-1、2-2と上げてDegers3からは予習と
復習の量が増えたのでExtensifにコースを変更して3-1、3-2
まで進み、その後そのレベル以上のフランス語は、日本に
帰国しても使わないと判断したので、もう一度2-3、2-4、3-1、
3-2を復習した。

最近、本屋で"成功する留学"を立ち読みしたのだが、この
あたりのところが詳しく書かれていなかったのでブログで取り
上げてみたのだが、改めてアリアンス・フランセーズのHPを
見たところシステムが変わっており、Degresは6つになって
いるし、また特別クラスは減ってしまっているので、あくまでも
参考程度に見てください。

Alliance Francaise のHP




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。








はじめての授業

朝御飯を早々に済ませ学校へ向かう。CHARLES MICHELS
(シャルルミッシェル)駅でMETROという無料の新聞をもらう。
学校の授業は朝8時30分からなので、通勤時間帯に電車に
乗ることを考えると頭が痛かったが、日本の通勤電車と
混雑度は全然違う。さっきもらった新聞が読めるぐらいだ。
途中一度乗り換えてRENNES(レンヌ)で降りて学校に入る。

今回時間が早かったためか、入口の警備員がいなかった。
まず2階の売店に行きテキストを購入。教室に入るとすでに
1人の日本人が来ていた。そしてしばらくすると、続々と人が…。
僕は隣に座った女の子に話かけてみた。"QUELLE 
NATIONALITE?(どこの国の人ですか?)"と聞いてみたら、
聞いた事もない音だったので、聞き返すとキプロス人だった。

そうしているうちに先生が遅れて到着、授業が始まった。まず
最初に先生の自己紹介から。先生の名前はNATHALIE
(ナタリー)といって、年のころは30代でとても明るい。授業は
まず自己紹介用の紙をもらう。それにまず名前だけを書いて
先生が回収する。そしてそれを混ぜてランダムに生徒に渡して
いき、そこに書かれている別の人を探し当てインタビュー
することから始まった。その紙には、名前と髪の毛の色や、
身長、趣味、目の色、服の色など質問が書いてあり、各自で
書き込むようになっている。僕はMARINA(マリナ)という
イスラエル人にインタビューすることになった。

インタビューはまずまず進んだのだが、渡された紙に"その人が
どんな人か"という欄を埋めるのはとても難しかった。でも意外に
早く課題が終了してしまったので、他の人のインタビューを見学。
一人はポーランド人、もう1人は台湾人。しかし"ポーランド"と
いうフランス語も聞いたことがなっかたので、解らないでいると、
教室の後ろに貼ってあった地図で指差してもらい理解する
ことが出来た。

書き終わると紙はまた回収。かき混ぜて再度1人1人に配布し、
今度は端から順番に教卓に出て全員の前で読み上げていき、
その書かれた人が誰なのかみんなで当てていくゲーム。僕の
読んだ紙の字はかなり汚かった(癖のある字)ので読むのに
苦労した。

それが終わると別のゲーム。クラスの半分が質問の書いた紙を、
もう半分は答えの書いた紙を持ち、質問と答えが合うように人を
探す。僕の質問は、"フランスのアペリティフは?"と言う質問
だった。答えの紙は、"LE KIR(キール)"。これを持って
いたのがまた別の日本人だった。話をすると京都の人。そして
その問題と答えを読み上げ、休憩に入った。

休憩時にトイレにいって戻ってきてから、その京都の人と話を
する。話によると昨日の朝、パリに着いたところでホーム
ステイしている。そしてしばらくしてから寮に入るとの事。実は
この人2007年10月13日のブログ(家さがし)で登場したマユコです。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。





1日の講義は4時間。休憩は途中に1回15分のみ。他の生徒と
話しているうちに、先生が戻ってきたので席に戻る。今度は朝に
購入したテキストを元に授業が進められた。今回の課題は複合
過去形。書くことに関しては簡単だったが、テキストの問題を
こなし、またあるときは黒板に書いて後で読み上げたりもした。
このあとテープの音を聞き2つのうちのどちらの言葉を言って
いるかを答えるのは難しかった。そして宿題もきっちり
出されたが量は少なく簡単。隣に座っていた台湾人は、
書くのに苦労していて何回も聞き返してきた。授業があっと
いう間に終わり、学校を後にしメトロで家に。

帰ってから昨日の残りの御飯を食べ、宿題を早々と済ませ、
カメラを持って家周辺の写真を撮り始めた。歩いていると
"佳苗"という日本食屋さんにたくさん日本人がいたので
びっくり。
日本用食料品店 佳苗
[日本用食料品店の佳苗]
更にセーヌ河の方に歩いていくと、大手家電量販店"DARTY"を
発見し中に入った。そしてドライヤーを見たのだが、BHVで
売られていた方が良かったのでここでは買わずに外に出た。
そしてMONOPRIXに行きお菓子とトイレットペーパー、洗剤を
買って家に帰る。

家に帰ってからパソコンで少し遊んでから、今日買った
テキストを声を出して読んでいたら、向かいの建物の
おっちゃんにばっちり見られ少し恥ずかしかった。今日の
晩御飯は昨日の残り物を使ったので、またまた野菜炒め。
しかし今日は塩と胡椒があったので味は前より良かった。

佳苗…在仏日本人ご用達の店。現在は写真の場所から移転。
BHV…パリの東急ハンズ
MONOPRIX…スーパーマーケット


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。







有名人になる。

今日の授業は、まず昨日の宿題の答えあわせから始まった。
それから、先生お手製の教材でポスターを見て、何について
書かれているかというものを2題してからテキストに入った。
テキストに書かれている出来事をすべて昨日の出来事にする
ために、複合過去形を使う練習。2題目はテープを聞いて、
登場してくる人物がそれぞれどんな経歴を持っているかを
聞き取り発表する問題。3題目は"いつもは~しているのだが、
今日は~だった。"と書き換える問題。それからそれぞれの
シチュエーションを想定して"Jamais""Quelquefois"を使って
文を作る。そして最後に、いろいろな国が書かれている紙を
渡され、"Jamais""Quelquefois"を使って"~人は~だ"という
文を作る練習。最後にテープを聞いて時制を聞き取るものをした。

今日の授業の後半、意味がわからなくなり当てられたとき
答えられなかった。そして特にいけないと思ったのが、最後の
テープ問題で"1問につき答えは1つ"が当たり前の日本。
該当する答えがあると、後は安心して聞き流した。しかし答え
合わせをするとなんと"答えは2つ"あった場合も。"頭を
ひねりなさい"と言われているような気がした。

休み時間は廊下でマユコと話をしてから教室に戻り、日本から
持ってきていたコンピュータで、ちょうど隣に座っていた
ポーランド人神父のグレゴワワ-ルに大阪城の写真を見せて
いると、いつのまにか人だかりになり、挙句の果てにはナタリー
まで来て、大阪城の珍しさもあったのだが"この小さな
コンピュータを日本で買うとどのぐらいするのか"ということになり
計算することに。計算した結果"1141ユーロ"だとナタリーや
クラスメイトに告げると"安い"の連発。持っていたコンピュータは
B6サイズのSONYのVAIO。この事がきっかけでクラスの
有名人の1人になってしまった。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。








Powered by FC2 Blog