プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回は、銀行口座開設の話をしたので今回もその関連
のお話を・・・

僕は日本に帰って相当時間が経つが、つい最近
やっとの思いで、フランスを中心としたヨーロッパの
国々と取引する事業?を始めた(その話はいずれに
でも・・・)。すると当然、決済をしなくてはいけないのだが、
これが結構お金がかかる。

先日「海外ネットオークションで月商200万円稼ぐ法」の
著者、牧野弘直さんとお話していた時に「アメリカの
口座だったら日本で作ることも出来るよ。確かフランスも
出来たはずだよ」との情報。早速調べてみた。これから
フランスに居住する人も、また僕みたいに日本に住んで
いる非居住者も口座を作ることが出来る。

開設の方法は三菱東京UFJ銀行経由でCaisse
d'Epargne(ケス デパルニュ)銀行に口座開設するという
ものでその条件は・・・
1.三菱東京UFJの口座を持っている20歳以上の人
2.本人確認書類として、運転免許証(両面)、パスポート
   (顔写真のページと所持人記入欄)のコピー
3.最低預金金額1000ユーロを口座開設後30日以内に
   入金すること。
・・・が非居住者が開設できる口座、エキュレーユ・ユーロ・
パリというもので、金利もきっちり付く。

これからフランスに渡る人(居住者)の場合は、この
エキュレーユ・ユーロ・パリを開設した上で更に
4.フランスに6ヶ月以上滞在する目的のビザを取得して
   いること
5.フランス国内の住所が決定していること
6.フランスに入国後、Caisse d'Epargneのルーブル
   支店に出向くこと。
・・・が条件で、こちらは当座預金(コント・チェック)なので
金利が付かないが、最低預金金額が100ユーロから。

よく考えてみると、これからフランスで新生活を始める
人は、結局銀行に出向かないといけないが、僕
みたいに非居住者の場合、ヨーロッパ旅行や出張が
多い人は便利かも。円相場の変動リスクは負わ
なければいけないものの、その分金利が日本に
比べるとかなりいいので、もうちょっと仕事?が軌道に
乗ったら考えてみよう。

三菱東京UFJ銀行のパリアカウントのHP




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。








スポンサーサイト

銀行口座開設

メトロの駅を間違え慌ててCredit Lyonnais(クレディリヨネ)
ピラミッド支店へ。

僕は留学エージェントを通していたので現地のコーディ
ネータが銀行口座開設のための予約を取ってくれたの
だが、エージェントを通さない場合は、日本の銀行の
ように「すぐに支店に行って、すぐに口座開設」とは
いかないのでフランス入国後すぐ、滞在許可証申請
までに済ませておいたほうがよい。また必要書類として
身分証明書、居住証明、学生総合口座を開設する
場合は学生証が必要なのであらかじめ準備しておきま
しょう。(詳細は<資料>を)

結局、時間前に銀行の前に着いたのだが、コーディ
ネーターはまだ来ていなかった。2時ちょうど、コーディ
ネーターが到着しそのまま中に入って手続きをする。
面白いことにフランスの銀行の入口は2重扉。通りから
支店に入るための扉を開け、中に入ると呼び鈴を押し、
支店内にいる行員がドアロックの解除ボタンを押すと
銀行内に入れる仕組み。だから怪しい格好をしていくと
銀行強盗に間違われ、銀行内に入れず手続きが
出来なくなることも・・・

僕たちは何の問題もなく銀行内に入り、担当の人の
デスクに行って腰掛ける。僕はてっきり男の人が担当か
と思ったのだが女の人。話し方や手続きが事務的で早口
(自分で言ってた)しかも見下す感じさえあった。日本の
銀行ならここで即手続きをやめて帰るところなのだが、
普通銀行口座の金利が、日本と比べ物にならないほど
良い(2.5%強(当時))。

契約書にサインをして、入金書類の書き方、小切手の
使い方、それにインターネットのよる口座振替の方法を
教えてもらい、全ての書類上の手続きが終わると今度は
カウンターへ行って入金になる。日本から持ってきた
トラベラーズチェックに全てサインをして、口座別(当座と
普通)にそれぞれ振り込んだ。振込み後は銀行を出て、
すぐ近くにあったキャッシュディスペンサーでコーディ
ネーターが実際にどのようにお金を引き出すかを実演
してもらってから、家にもどった。

<資料>
一応、クレディリヨネ銀行からもらった書類の一部をアップ
しておきますが、あくまでも僕が留学した時のもので
あって、現在のものではありませんので注意してください。
(クリックすると大きくなります)

クレディーリヨネ 口座開設案内 クレディーリヨネ 口座開設案内 クレディーリヨネ 口座開設案内
[口座開設案内]

クレディーリヨネ 口座開設書類 クレディーリヨネ 口座開設書類 クレディーリヨネ 口座開設書類
クレディーリヨネ 口座開設書類
[口座開設時の書類]





にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。




試験のお知らせ

昨日帰ったのが遅かったが、いつもどおりに学校に行く。
珍しいことに行くと必ず1番で来ているトモコがいない。
しばらくしてからトモコは到着したのだが何だか元気がない。
話を聞いてみるとメトロの改札を出るとき、カルトオランジュ
(定期券)を改札機に入れて、それを機械から抜く時の一瞬の
隙に盗られてしまったのだとか。

授業の方はいつもどおり進み、今日の休み時間はエステルと
昨日の夕食の話をする。すると「昨日牡蠣を18個も食べたので、
お腹がいたい」と言っていた。そりゃそうだわ。それと旦那さんと
一緒にワインも何本か空けたらしい。そこにナタリーが入って
きてエステルが同じ話を。すると僕は「ベルギーにでも
行ってたのか?」と言ってやったら、ナタリーには大うけした。

授業の終わりぐらいに1枚のプリントが配られた。何の
プリントかというと、「テスト実施のお知らせ」だった。実施日は
約2週間後で約2時間に渡るテスト。この試験の結果によって
次のレベルに進められるかを判断するそうだ。試験の内容は、
長文読解、文作、文法知識、発音。特に僕は聞き取りが
苦手なので今日から特訓しなくては・・・。

学校が終わってから、銀行口座を開く予定になっているので、
とりあえずSt Lazare(サンラザール)駅へ行きサンドイッチと
コーヒーのお昼を取ってから、すぐ1駅戻ってMADELAINE
(マドレーヌ)へ。しかし、この前来た時、たまたま偶然通り
がかったメトロの出た出口が見つからない。よく考えると、
あれはPYRAMIDES(ピラミッド)駅。そうです。降りる駅を
間違えたのです。あと10分しかなかったのでちょっとだけ
走り14号線のメトロに乗り込んだ。
サンラザール駅
[お昼をとったサンラザール駅]

<今日の授業>
宿題の答え合わせ。
主語「ON」の使い方。
BD(まんが)を使って話し言葉について(プリント)。
テープ問題、贈り物を贈っているのか、貰っているのか。
テープ問題、ONの発音について。
砕けた言い方、普通のいい方、改まった言い方。場面によって
どのような言葉を使うのか。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。



クラスの飲み会

今夜はクラスの仲間と飲み会。18時30分になってから家を出て
待ち合わせ場所に。でもここで問題が、待ち合わせ場所が
Manifestation(デモ行進)の出発点になっていたので、みんなが
どこにいるのかわからない。
マニフェスタシオン

マニフェスタシオン

ようやくブラジル人のレオと、アリアンスのクラスで一番最初に
話しかけたキプロス人のニネタがいたのを見つけた。そして
このODEON(オデオン)駅は出口が2つあったので反対側を僕が
見に行く。しかし誰もいなかったので、みんなのところに戻る
途中デモ行進の群衆の中にマユコを発見。それからアメリカ人
2人、お母さんがフランス人のミッシェルと芸術家の卵イアンが
到着し、「最後に2分間だけ探して誰もいなかったら出発しよう」
ということのなり、ビュッシー通りに移動した。

するとレオとニネタと僕が飲めないことが判明し、3人はソフト
ドリンク。それ以外の人はアルコールを頼む。クラスの中では
座席の位置は決められていないが、どうしても同じところに
座るのは万国共通。グループワークをするにしろ近くの席の
人と組むことが多いので、ミッシェルやイアンとゆっくり話す
機会は初めて。この2人はマユコとグループワークを組む
ことが多い。それからいろいろ話していると、隣のフランス人が、
いきなり「日本人ですか」と聞かれたので「はい」と言ったので
テーブルを越えて話をした。

彼はエディターで、たくさんの人の日本人の名刺を持っており
特に漫画の話で盛り上がる。すると「近くのレストランを経営
しているのでまた来てくれ」との事で名刺をもらった。僕らは、
日本語、ひらがな、カタカナ、漢字や、折り紙をして時間を過ごし、
途中イアンが「近くにおいしいサンドイッチ屋さんがあるから」と
いって買ってきてくれた。実はこの飲み会はイアンが幹事。
また彼の住居もこのビュッシー通り沿いのアパートの2階。
それで今回「ODEONになったのか~」とみんなが納得。

こうして夜が更けていったのだが、明日はまた8時30分から
学校である。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。


今日は学校は調整日で休み。8時30分まで寝て朝御飯を
食べる。それから家の掃除をしてパリ日本文化会館に行く。
Commerce(コメルス)駅まで歩いて、La Motte-Picquet
Grenell(ラ・モットピケ グルネル)で乗り換えてBir Hakeim
(ビラケイム)まで。

駅を降りるとすぐにパリ日本文化会館があったのだか、時間が
早かったせいか人は僕しかいなく、会館内の店もちょうど開店
準備をしているところだった。その店には日本に関するもの、
本やビデオ、食器にお香まで売られていた。またパリ日本
文化会館の上階には図書館があり(会費制)何かあった時は
調べに来れそうだ。
パリ日本文化会館
それからまたMETRO(メトロ)に乗ってCharles de Gaulle Etoile
(シャルル・ド・ゴール・エトワル) に。凱旋門を背に見ながら、
VIRGIN MEGA STOREへフランス語の勉強に使うための
CD-Rと音声ケーブルを買いに行った。この時すでに1時を
回っていたので近くのマクドナルドでお昼にする。

しばらくしてからLes Halles(レ アール)へ移動して、GO
SPORTSに自転車とローラーブレードを見に行った。日本に
いるときは本当に車中心の生活。1年のうちに車に乗らない
日は海外旅行に行っている時だけ。自動車学校の教官をして
いたのだから仕方ないといえばそれまでだけど・・・。どうしても
公共交通機関以外の移動手段が欲しかった。

今、パリ市内にはVelib(ヴェリーブ)というレンタルサイクルが
あちらこちらで借りられ、Velibの乗り捨ても自由だから
こういう事は考えなかったかもしれないが、僕がパリに
留学した当時はVelibみたいなものが皆無に近かったので
(レンタサイクルはあったけど)自転車などの移動手段を
持とうと思ったのだ。しかし、自転車は安くても200ユーロ。
ローラーブレードでも130ユーロぐらいしていた。それと
自転車を買うにしても置き場所のことを考えると・・・となった
ので、ここはちょっとよく考えることにした。

Les Hallesをあとにして一度家に帰って昼寝。今夜クラスメイト
との夜遊びのために。

<参考>
パリ日本文化会館のHP
VelibのHP




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。





劇を演じる

いつもより少し寒いかな?今日の授業は、昨日の授業の後半で
作ったポエムの発表から。お腹を抱えて笑った。このブログは、
当時僕がつけていたの日記を起こして書いているのだが、残念
ながらポエムの内容までは書いてなかった。でも確かに大笑い
した記憶はある。

休み時間はいつもどおりエステルと雑談。今日は自動車の
免許について。話によるとEU域内の免許があればEU加盟国の
どこの国ででも乗れるのだそうだ。また国によって免許証有効
期間が微妙に違うらしい。ちなみにフランスは切り替えなしで
一生涯有効。

授業の最後の方はグループに分かれて劇をした。これもまた
大笑い。筋書きは、占い師に「電車の中で出会った素敵な人に、
もう一度会いたいのだがどうしたらいいか?」というもの。僕らの
チームは4人で僕はナレーターを担当。当然占い師はエステル
なので大爆笑!

授業が終わり、みんながなかなか帰らない。ナタリーが「明日の
晩は一緒に行かないの」と僕に言ったので何のことか解らな
かったが、周りの話を聞いていると「明日飲みに行こう」という話。
ちなみに断る理由も全然なかったので、勿論この誘いに乗った。
明日の19時にODEON(オデオン)だ。

学校を出てすぐに家路につく。今日は冷蔵庫が空っぽなので
買い物をするが、その前にイスに電話。すると家にいたので、
今日の18時にパリ北駅のユーロスターホームで待ち合わせる
ことにした。

定刻にイスが着てCHATERET(シャトレ)までRERで移動。すると
新しい改札システムに遭遇。パリの改札は大きな荷物を持って
いる場合、改札機横の荷物の通し口(スーツケースが通る
ぐらい)に荷物を押し込むか、ベビーカーなどのもっと大きな
ものはインターフォンを押して係員を呼び、大きな扉のオート
ロックを解除してもらわないと改札内に入れないが、新しい
ものは改札機の前後に扉がありボタンを押して中に入ると後の
扉が閉まり、切符を機械に通すと前の扉が開き通り抜けると
いうなんと複雑なものだった。

CHATERETに着いてイスお勧めの店(1区区役所近く)に連れて
もらい、お茶をしながら日本語とフランス語のエシャンジュ(交換
授業)を2時間ぐらい。店を出てPont Neuf(ポンヌフ)の駅まで
歩く。イスはエールフランスで働いているので、「今週はまた
マドリッドにフライトがあって、来週からまたバカンスでラオスに
行く」そうだ。なんと羨ましい。駅に着いて、「家に来るか」と
誘われたが学校の復習もあるので帰ることにした。次の交換
授業はバカンスから帰ってきた後、1ヶ月後になる。

<今日の授業>
昨日のポエムの発表。
宿題の答え合わせ。
BD(まんが)を見て話の流れを読み取る。
現在形と未来形の使い分け。
発音の聞き分け。
テープで天気予報を聞いて内容を書き出す。
気象用語のプリント。
最後に、劇をした。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。





Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。