プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STRASBOURG ST-DENIS

今日は朝の3時ごろに目が覚めたので、もう一度寝て
起きると10時30分。今日からしばらく学校が休みになるので
完全に休日モードだ。一度、日本の家族に家に電話を
してから、BHVへ文房具を買いに行く。それからLes Halles
(レアール)まで歩いて、この前イスに連れてもらった中国茶の
カフェに行き、値段だけを確認して、途中にあった服屋さん
WEに寄ってから、今度はモンパルナスのFANCへ次の
セッションのための教科書と、聞き取り練習のための子供用の
絵本テープを買った。

それからまたLes Halleへ戻って、欲しかった本を追加購入
してから、STRASBOURG ST-DENIS(ストラスブール・
サンドニ)という娼婦街へ怖いもの見たさに行ってみた。
「まあ、お昼だし別にその行為をする訳でもないので」と
思ったので・・・。行ってみるとお昼にもかかわらず、
確かに娼婦がたくさん立っていたのにはびっくりしたが、実は
この地区は服の仕立て屋さんや、卸、生地屋さんが多く
フランスファッションの中心地でもある。特にパッサージュ
などでは、お店もそうだがマネキンを担いで歩いている人など
活気のあるところでもある。
サンドニ門
[STRASBOURG ST-DENISのシンボル、サンドニ門]

ここは早々に切り上げて、今度は北駅に行き少しお腹が
すいたので腹ごしらいをし、明々後日ベルギーに行くための
切符を購入する。しかし切符の券売機が、最新式のカード
(ICチップのもの)しか受け付けないように改造されていたので、
窓口に行って買おうかなとも思ったのだが長蛇の列。今日
慌てて買う必要もなかったので日を改め、42系統のバスに
乗って帰っていった。

バスに乗ってしばらくすると、マドレーヌ寺院に差し掛かった。
「あっ!」と思いバスを降りて、メトロ14号線でParis-Lyon
(リヨン)駅へ向かい、リヨン駅の券売機はICカードに対応して
いるのかどうかを確かめに行った。窓口でも切符は買えるが、
自動券売機でどうしても買ってみたかったので・・・。

帰ってから疲れていたのか座ったまま寝てしまい、起きると
夜7時。この日の夕食は、先日中国市場で買ったベトナムの
米粉の麺(ホー)と、肉まんを食べた。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。


スポンサーサイト
今日でナタリーの授業が終了する。少し早く学校へ行き、
カードにメッセージを書いた。

授業のほうは、ほとんど発音に関するものと、否定文の
書き換え。授業の前半最後にグループに別れて、ナタリーの
言うアルファベットで始まる単語(国、町、職業、ものなど)を
辞書を使わず書く総力戦をした。成績は残念ながら
3グループ中3位。

休憩時間に来月用の学生証の書換えをするために教務課に
降りて、更新が済んでから教室に戻ってこの日の後半は
教室でパーティーをした。しかし、大変盛り上がったため
隣のクラスからナタリーに対して「もう少し何とかならないの?」と
クレームが入るトラブルが。また先日、日本人3人で買った
日本酒を、モデルのマリナが一気飲みをし(少しずつ飲む
ことを説明しなかったため)気分が悪くなるトラブルも発生。

さまざまな国から生徒が集まっているだけあって、この日に
並んだ料理、飲み物はバラエティーに富んでいた。特に
エステルが家で作ってきたトルティージャ(*1)がすごく
おいしかった。僕は普段お酒が飲めないのだがシードル(*2)を
飲んでご機嫌さん。キネ(*3)のクレール(イギリス人)が
ダンスをレオに教えたりして楽しい時を過ごした。

教室を後にする時、イアンが今日で最後だといって握手をして
別れて、ナタリーにカードとちょっとした贈り物(LE LANGAGE
DES GESTESという本と、そろばん)を渡した。学校を出て
マユコとわかれて、トモコと一緒に、淀屋という日本雑貨店に
行ったが休みだった。それからBHVを一通り見て、地下にある
ブリコロカフェへ行き一息した。そこからLes Hallesまで歩いて、
PYRAMIDE(ピラミッド)にある文化堂(*4)へ向かうのだが、
途中いろんなところを見て回った。このあたりには日本人
相手の旅行代理店や、運送業者、家具屋さんなどなど・・・。
文化堂では20分ぐらい立ち読みをしてOPERAでそれぞれの
家に帰った。

<今日の授業>
発音の問題(B,V,R,L)。
否定文の書換え、Ne rien,Ne Personne。
チーム対抗単語合戦。

<ちょっと一言>
(*1)トルティージャ・・・スペインのオムレツ
   中身はジャガイモ、ベーコン、たまねぎ
(*2)シードル・・・りんごを発酵させたアルコール飲料
(*3)キネ・・・マッサージ師(Kinesitherapeute)
(*4)文化堂・・・日本語書籍店。現在はBook Offになっている。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。




試験の結果

今日は試験の結果がわかる日。いつもどおり教室に入る。
そしてこの日、クレールがこのクラス最後の日になるので、
授業前に写真をまた何人かで撮った。

授業は先日のテストの答え合わせ。このテストの結果に
よって次のクラスに進めるかどうかを判断するのだが、
先生によってはテストをしない先生、また2回実施する先生と
様ざま。これは後になってわかったことだが、ナタリーの
試験はアリアンスフランセーズの試験(*1)(CEFP:
Certificat d'Etudes de Francais Pratique 1ere Degre)の
過去に出題された問題のいい所をナタリー自身が編集した
ものだった。

休憩時間はいつもの4人(トモコ、マユコ、エステルと僕)とで
自動車の運転についての話。「教習所内の試験コースを
全部バックで走りきった。」というと、日本人は「さすが教官」と
言ってくれたが、エステルにとっては何の事だか理解でき
なかった。それもそのはず、日本のような教習所の箱庭
コースは世界的に見ても皆無に等しい。なのでエステルは、
いきなり路上コースで教習を受けたことになる。

授業終了後、来月のクラスを登録するための手続きをして
もらって、学校を後にした。ということは、無事に次のクラスに
進むことが出来ました。

今日は僕とマユコと、トモコと3人で、明日学校でするFete
(フェット:パーティー)をするための材料を買いに、Place d'Italie
(プラス・ディタリー)へ。まず広場の前のショッピングセンターへ
行き、ナタリーにプレゼントするための日本語の辞書を買いに
行ったのだが見つからず、次に中国系のスーパーマーケット
(陳氏商場:タンフレール)に行きいろいろ物色していたら、留学
エージェントのコーディネーターと会い少し話をする。

店の中でトモコは、食材の豊富さに感動して目的をそっち
のけで、それぞれの家のための食材を買った。しかもそこに
約1時間ぐらいいただろうか。それから近くのベトナム料理店で
、フォー(*2)を食べた。食事中、枯葉のため排水溝がつまり、
路上にいっぱい水がたまり、車が勢いよく通ってその水が
歩行者に直接かかり大騒ぎになった。その後、また別の
中国系スーパーに行ったが、Feteに出そうとしていたお餅は
値段が高かったので、日本酒だけを買って次の店へ。しかし
メインとなるお餅はここでも高く、あきらめて雨の中それぞれの
家路についた。

<今日の授業>
宿題の答え合わせ。
試験の答え合わせ。
条件法。
受動態。
グループに別れて条件法を使って広告文を作る。
長文を読んで何について書かれているか、受動態で答える
                         (グループワーク)。

<ちょっと一言>
*1・・・CEFP
    アリアンスのHPで確認したが、現在この試験はない。
    CEFPには初級のCEFP1と中級のCEFP2に分かれ、
    この次がDLになっていた。
*2 フォーは、米粉をうどん状(どちらかというと、きしめん)
  にしたもの。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。


今朝は脚がつって目が覚めた。かなり痛い。昨日の夜、
ナタリーの家でFete(フェト*アクセント記号省略)があり、
帰ってきたのが午前2時。なのでお風呂に入れなかった
ため、まずお風呂に入る。

朝食を取ってから家を出て、Radio France(ラジオフランス)発
Hotel de ville(パリ市役所)ゆきの70系統のバスに乗って
BHV(*1)にパソコンのプリンター用紙を買いに行こうと思った
のだが、終点近くのHotel de villeで何か大きなManifestation
(マニフェスタシオン)、に遭遇。(物を燃やして大きな炎が出て
いるぐらいの)「何かな?」と思ってしばらく見ていたが、良く
わからなかった。このせいで周辺道路は大渋滞、乗ってきた
バスも動かない始末。運転士の判断で途中で降ろされる
羽目になった。

BHVに入ったが、パソコンのプリンタ用紙がなく、Les Halles
(レ・アール)に行く途中にあるケンタッキーでお昼を取った。
食べてからFNAC(フナック)に行って用紙をまず買い、
それから以前から探していた本の題名がわかったので探して
みたのだが無く、今度はSt Michel(サンミッシェル)のGIBERT
JOSEPH(ジベージョセフ)に行くとその題名の本を発見したので
2冊購入。でも、お金を払う時に表示されている値段が違って
いることもあるので、注意しなくてはならない事をすっかり
忘れていて、店の人に注意された。実はこの本屋は中古の
本も扱っているので同じ本でも値段が違うこともあるのだ。

それから今度はRERのC線に乗ってパリ日本文化会館に行き、
今月の授業やご近所さんでお世話になったお返しにナタリーに
お礼状を送るためのカードを買いに行った。この会館の1階には
日本の小物を売っているBoutiqueがある。扇子やけん玉、
万華鏡など日本の小物が手に入るので日本びいきの人に
贈り物をする時は便利なお店である。お目当てのカードを
見つけお金を払う時に、店の人がいつもの癖でフランス語で
対応したので「すみません」と僕に謝った。でも店員さんの
話によると「ここに来る日本人は5%にも満たない」そうだ。
それから館内を少しだけ見て会館を後にし、家の近くの
雑貨屋さんで、ほうきの先と雑巾を買い、ついでに
MONOPRIX(モノプリ)で買い物をして家に帰った。
パリ日本文化会館
[パリ日本文化会館。図書館も併設]

*1
BHV・・・パリの東急ハンズ。僕的には地下がオススメ!




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。


今日は次のレベルに進めるかを判定する試験の日。まず
昨日の宿題の答え合わせをして試験に入った。

試験問題は大きく3問。それと手紙を書く(引越ししたので
パーティを開くための案内)。何について書かれているかを
別の語群から選択する。前置詞や代名詞の問題(選択式)。
テープの聞き取り問題(2択で、印刷されているどちらの文を
言っているか)テープの内容読解、特に数字は書かされた。
ほとんどが選択式。問題の難易度は全体的に難しかった
(みんなも言ってる)。

休憩時間はまたいつもの4人で話をし、授業が終わってから、
今日はナタリーの家でパーティをすることになったので、
詳細を聞いて学校を後にして、トモコと御飯を食べて家に帰る。

途中MONOPRIX(モノプリ)でパーティー用の食材を買って帰り、
すぐ家で下ごしらえをした。そして宿題も。18時半ごろになって
パーティーに持っていく唐揚を揚げ始め、20時15分ごろ家を
出て約50メートルしか離れていない、ナタリーの家に行った。

着いたのは僕が1番で、しばらくナタリーと話をした。特に
今日の試験について。ナタリーが言うには「特に文法が
わかっているので、聞き取りをしっかり訓練しなさい。」という
アドバイスを貰った。また、ミニテル(*1)を初めて見せて
もらった。昔、日本にあったキャプテンシステムとよく似て
いるものだ。約10分後にマユコが来て、ニネタ、レオの順に
到着。モデルのマリナ(ルーマニア人)も今日は参加をし、
その後トモコとその彼氏(セバスチャン)が来て全員となる。

パーティーの準備中、レオにダンスを教えてもらったが、
マユコから「それはコザックダンスだ!」という突込みを
受ける。トモコと彼氏はナタリーの家に来るまでに約2時間
かかったそうだ。その彼とも少し話をしたのだが、簡単な
日本語の単語はよくわかるらしい。一番びっくりしたのは、
ナタリーが若かりし頃の写真を見せてもらった。すると、
かなりディスコに行ってたらしく、変装した写真にはみんなが
びっくりしてしまった。

そうこうしているうちに夜は更けて、2時ごろに自宅に帰った。
帰るとき服につけていたPATP(パリ市交通公団)のピンに
対して(先日クリニャンクールの蚤の市で買った)、
「どうしたのか」「なぜ持っているのだ」とかいろいろ言われ
ましたが・・・

最後にナタリーは36歳だということが判った。

<今日の授業>
宿題の答え合わせ。
試験。
形容詞の位置。
比較級と最上級。

*1 ミニテル
ミニテル
この機械で電車のチケットの予約や電話番号なども調べられる。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。


学校が終わってから15時30分にシャンゼリゼにあるNTT
FRANCEにインターネットのプロバイダ料を支払いに行く。

対応してくれたのは日本人の若い女性だったが、この前
行った銀行の担当の人とは大違い。これは僕個人の考え、
意見だが、フランス企業で働くフランス人に日本と同様の
サービスを求めるのは筋違いだというのはわかっている。
しかし日本人の場合「自分がなぜフランス企業に雇用
されているのか理解できていない人が多いように思える。
特にサービスの関連において」。

顧客の中には「日本人だから、日本と同じ対応をしろ。」と
いう日本人も確かにいるかもしれない。実際、この銀行で
年輩の顧客が行員に詰め寄っているところを見たことがある。
しかし、僕はそこまで求めているのではなく「社会人としての
最低限のマナー、自分の存在意図、プロ意識を持って
仕事して欲しい」と言いたいのだ。今日訪れたNTT
FRANCEは日本企業だが、事務所の中にはたくさんの
フランス人も働いている。そんな中、今回応対してくれた
人は、しっかりしていて大変気持ちがよかった。

帰りにシャンゼリゼのMONOPRIXで買い物をして42系統の
バスで家に帰った。帰ってからまた勉強をしようと思ったが、
明日が試験にもかかわらず寝てしまい、次に目を覚ますと
19時前だったので夕食に。今夜の夕食は、とんかつにした。
今日はしっかり勉強しないと。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。



Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。