FC2ブログ

プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


在留届

ちょうど渡仏して1ヶ月。あっという間に過ぎてしまった。特に
こちらに生活していて厄介なのは手続き関係。でもこの
時期になると、あとは健康診断待ちぐらいだったはずなのだが、
ひとつ忘れがちな手続きが日本の在留届。

実は、先日留学時代の友人と話をしていた時に上った話題が
この在留届。僕は1年パリにいたが届出はしていないし、
同じクラスだったマユコも恐らくしていないだろう。トモコは将来
フランスで住む事になるだろうから確か届出していたと思う。

この届出、旅券法第16条により規定されており、3ヶ月以上
滞在する人は在留届を提出しておかなければならないそうだ。
もし怠ると事件や天変地異など不測の事態が起こった時、
大使館や領事館がその人を確認できないからというのが
その目的。しかしフランスに来てからお役所仕事を見てみると、
非常に効率が悪いというのは良くある話。1日待たされるのも
オーバーなことではない。「そんな事をしてまで書類を
提出するのは・・・」というのが正直なところ。

パリの日本大使館に在留届を提出した人の話によると、
入口にはもちろん金属探知機。中に入るための入場制限も
あって(1人出てきたら、1人中に入れる)治外法権があるにも
かかわらず仕事はフランス式。やはり時間がかかったそうだ。

「やっぱり」と思うかもしれないが、最近は外務省のHPから
在留届のPDFをダウンロード
して、郵送、FAXでの受付が
可能になっている。また政府認証基盤(GPKI)から提出する
方法もあるが、はっきり言ってこちらはややこしい。

僕が留学していた2002-2003年はイラク戦争やSARSなどが
あったが、郵送やFAXで受け付けてもらえるのなら、そう
手間はかからないので提出しておきましょう。在留届を
出さなかった僕が言うのはおかしいですが・・・。ただし住所が
決まっていない(定まっていない)場合、在留届は受理
されませんのでご注意を。

<ちょっと一言>
在留届とは(詳細)外務省のHPへ
提出先はこちら





にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。




スポンサーサイト



チャイナタウン

あと学校は1週間お休み。深夜、部屋の温度が暑すぎて、
しばらく窓を開けっ放しにしていたので蚊が進入。足を刺され、
その痒さに目が覚めた。朝食を食べてからお昼まで勉強し、
先日チャイナタウンで買ったインスタントのポー(米粉で作った
ベトナムの麺)を食べCommerce(コメルス)駅に向かった。
今日は月初めなのでCarte Orange(カルトオランジュ、
定期券)を買ってそのままチャイナタウンへ。

パリのチャイナタウンは2ヶ所あって、エディットピアフが
生まれたBelleville(ベルビル)とTolbiac(トルビアック)にある。
特にTolbiacの方はPlace d'Italie(プラスディタリー)から良く
歩いて行った。またPlace d'Italieには大きなショッピング
センターがあって、近くにも中華系スーパーの陳氏商場
(タンフレール)もある。

しかしチャイナタウンの中心はTolbiac。坂を下り、中国商業
銀行の筋に入ると漢字の看板が目立ってくる。しばらく進むと
パリではあまり見かけないボウリング場。もう少し進むと
陳氏商場と巴里超級市場(ビックワン)の二大中華系スーパーが。
巴里超級市場の向かいにある、総菜屋のベトナム
サンドイッチは安くておいしいので良く立ち寄ったことか・・・。
タンフレール
[Tolbiacにある陳氏商場(タンフレール)]
パリビックワン
[もうひとつがこの巴里超級市場。]

スーパーでねぎとにら、もやしと肉まん、日清の出前一丁の
袋麺(激安の0.46ユーロ)を買って巴里超級市場を出た。店の
入口には2階へ続くエスカレータがありちょっと乗ってみた。
するとそこには「ここは香港か」と言うようなディープな空間。
フランス語の「フ」の字もない。全て漢字の空間。散髪屋に
靴屋、旅行会社まで中華系。ガイドブックにはない穴場
スポット。友人が来た時にはぜひ連れて来ようと決めたの
だった。

家に帰って夕食の支度。今日はねぎがあるので親子丼に
決定。日本の100円均一で売っていた料理本のとおり醤油と
だし、みりん、砂糖と書いてあったので、その通り作ったが
味があまりにも辛かったので「さすが味まで100均」と
うなずいてしまった。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。


今日は朝からしとしと雨が降っている。でも今日は洗濯に
行かなければならないので、まずコインランドリーへ行き、
その間に部屋の掃除、買い物を済ませる。今日は乾燥機が
いっぱいで空いている所が1つしかなかった。全てが
終了してから昼食に先日チャイナタウンで買った肉まんを
食べる。

それから昼寝をして15時ごろ、Les Halles(レアール)のfnac
(フナック)へ行き、立ち読みならびに立ち聞きをして、
ヴァカンスから帰って来たイスに電話。すると「今夜、友達の
家でソワレがあるから一緒に来ないか」と言うので、もちろん
行くことに。19時にイスの住んでいる近くの駅Corentin
Cariou(コランタン カリオー)で待ち合わせ。

駅に着いてから電話をして迎えに来てもらう。そして家に
行くと、イスの友達のスペイン人が来ていたので挨拶をして、
持っていったコンピュータで京都の写真を見せる。この
スペイン人はエンリッケさんでスペイン語の先生だった。
20時前になって、今夜のソワレ会場がある友達の家Porte
des Lilas(ポルト デ リラ)までバス(PC2)とメトロで移動。

話によるとこの地区の建物はとても古いらしい。しばらく
歩くと会場に到着。5階建てだがエレベータが無いので、
歩いて昇った。到着して自己紹介をする。この家のご主人は
ジェラードさん、TV局 FRANCE3に勤務。奥さんが
ヨーランドさんでPlasticienne(造形美術家)で、まずアトリエを
見せてもらった。

すると「待宵草って知っていますか」といきなり聞かれたので、
「知らないです」と言うと、写真や文献をいっぱい持ってきて
説明してくれた。よく聞くと夕顔と同じように、夕方に花を開く
種類の花で、毎年夏Belleville(ベルビル)でイベントを
しているので、来て欲しいと言ってくれた。

話はそこそこにして、食堂へ。アペリティフを飲んで
(エンリッケの持って来た赤ワインを飲んで)食事を食べる。
メニューはブフブーギニオンと言っていたが、日本でいう
肉じゃがに似ていた。また御飯も炊いていてくれたし、家には
醤油もあった。

しばらくして、エンリッケがアトリエに行き、ギターを弾き
始めた。そして歌も歌いだしたので、移動してみんなで歌を
聴く。それからいろんな歌(能、歌舞伎、胡弓や町の中の
雑音など)を聞いて午前2時30分ごろお開きになった。

メトロの終電は、もう出てしまっているので、みんなを車で
送ってくれた。距離的にイスとエンリッケを先に送り、パリの
環状道路を半周し僕の家まで送ってくれた。イス達が
降りてから、車の中では僕の学校の事や、僕が以前日本で
ラジオの仕事をしていたこともあって、ジェラードとはNHKの
話や番組の作り方などを聞き、わいわい言いながら家に
帰った。

<ちょっと一言>
現在ジェラードはFRANCE3の番組「Pieces A Conviction」
という番組の製作スタッフです。
番組HPはこちら(動画も見れます)




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。




昨日は遅く帰ったので10時に起きて風呂に入る。そして
朝食を食べてからGare de Lyon(リヨン駅)へ行ってから
バスに乗って、Gare Montparenasse(モンパルナス駅)へ。
モンパルナス駅
[こちらは、夜のモンパルナス駅]

駅に着いてから小腹が空いたのでドーナツを買って食べ、
それから駅構内にある雑貨屋さんに入って、生まれてくる
甥っ子のために木製のおもちゃと机(これが両方とも安い)を
チェックしてから家に帰った。

しばらくしてマユコから電話で、「携帯電話の使い方が
わからないので助けてほしい」と言われ、マユコも僕の家の
近くに来ている事からCommerce(コメルス)駅まで行って
問題を解決。何せ学校のクラス内では、「ハイテクに
詳しい人」になっているので、フランス語の問題には
手こずるが、この手の問題は得意である。

Commerceまで軽装で出向き、おまけに視力が弱いにも
かかわらずメガネもかけず、そして雨が急に降ってきたので
家に帰ることにし、雨が上がるまでマユコも雨宿りしてもらった。
友達が僕の部屋に来てびっくりすることは、「ここは日本か」と
いうぐらい日本のものが多い。この日はガイドブックやTV(VTR)、
旅行の写真などを見て過ごす。

夕御飯の時間になり雨も上がったので外に出ることにし、
マクドナルドに行こうかと思ったが、Les Hallesのケンタッキーに
することにした。ちなみにマクドナルドのことをパリでは
「マクド」と言うのは大阪と同じだが、ケンタッキーはパリでは
どう言うのだろう?大阪では普通どおり「ケンタッキー」と
言うので・・・

マクドナルド
[シャルル・ミッシェル駅前にあるマクド]

夕食後はそれぞれの自宅に戻り、お風呂に入ろうと思ったが
お湯が出なかったのであきらめ、昨日お世話になった
Yolandeさん宅に手紙を書いたが、疲れていたせいか、文法は
間違っているし、しかも葉書の上下を逆さまに書いて
しまったので、紙をちぎり、糊で貼ろうとしたら今度は使い物に
ならなくなったので、今日は下書きだけしておいて、明日
パリ日本文化会館へ葉書を買いに行くことにした。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。


La Poste で

昨日遅くまで手紙の下書きをしていたので、起きると10時。
朝食を食べてからシーツを交換してすぐにパリ日本文化
会館へ葉書を買いに行った。COMMERCE(コメルス)から
メトロに乗ろうかと思ったが、どうせ次の駅で乗換えなので
1駅歩くことにした。するとGAPがあったりMONOPRIXが
あることが判明。

メトロに乗ってパリ日本文化会館に着いて無事葉書を買って、
店内でしばらくいろいろなものを見て、帰るときにパンフレットを
貰おうとしたのだが、その場所が立ち入り禁止区域だったらしく、
怖そうな黒人の警備員に呼び止められた。僕は「パンフが
ほしい」と言ったら取りにいってくれた。帰りのMETRO(地下鉄)の
中で読んでいると、和太鼓の演奏者のハヤシエイテツという人の
コンサートが近々あると書いてあった。
パリ日本文化会館
[パリ日本文化会館。日本の催しもここで行われる。]

家に帰って昨日の葉書の清書をしてから昼御飯を食べた。
今日のお昼はあまり食べたくなかったのだが、ちょっと風邪を
ひきかけそうになっていたので、無理やり冷蔵庫の中にあった
ピザと、日本から持ってきたインスタントの味噌汁を初めて
開封した。ちょっとおいしかった。

食べて洗い物を済ませてから、体力が少し復活。バスに乗って
HOTEL DE VILLE(市役所)からポンピドーセンターへ。HOTEL
DE VILLEで降りて、まず葉書を出すために市役所内の
郵便局へ。中に入ると長蛇の列だったが、自販機は空いて
いたので自販機に行く。フランス国内郵便のエコノミーと
プライオリティの2つがあったので、プライオリティを選択。
指定された料金を払った。ここまではよかった。しかしその後
テープみたいなものがあって、果たして「これは貼るべきなのか?
そのままでいいのか?」、初めて迷った。でも説明書きを読むと、
貼らなくてもいいらしいので、郵便局を出るときポストに投函した。
郵便局の自動販売機
[郵便局の自動販売機。結構便利だがシールの切手は味気ない]

それから道をへだててBHVへ行き、前から欲しかった風呂場に
置く軽石を探しにいくと、またま見つけて購入。CAISSE(会計)に
並んだときに何か言われたが、わからなかったので
そのまま流し、今度はポンピドーセンターへ。

この前ヨーランドの家で見た新聞記事を探しに図書館へ
向かった。歩いている途中、奥まったところにCAFE DE LA
GAREというところがあったので、てっきりCAFEかと思ったの
だが劇場。でもその脇の建物からフラメンコの音が聞こえて
きたので、ちょっと脇から拝見さしてもらってからポンピドー
センターへ向かった。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。


ポンピドーセンターに着いて、図書館に入るために約10分ぐらい
待った。でも昨日のマユコの話によると、雨が降っていたせいか
「入館するまでに1時間ぐらい待たされた」と言っていた。中に
入る時は金属探知機を通って一人一人セキュリティーチェック。
かばんの中ももちろん見られる。図書館の内部に入って早速
ヨーランドの家で見た新聞記事を捜したのだが、いろんな新聞が
あったので少し戸惑う。でもしばらくしてから新聞を発見
したので持ち出して、目を通した。
ポンピドーセンターの図書館
[ポンピドーセンターの図書館。世界のニュース番組が見れる]

それから図書館内部のキオスクに行ってコーヒーを飲んでから
図書館を後にして、1階にある本屋さんでポンピドーセンターに
ついての本と、ピクトグラムの本(ドイツ製)を立ち読みして
帰ろうかと思ったのだが、コンピュータ屋さんに行きたく
なったので、そのままマレの方に歩いて行ってバスでそこへ
向かった。
Surcouf
[パリの大型コンピュータストアといえばココ!]

コンピュータ屋さんに入るとき紙袋を持っていたので中身を
警備員に見せて(*1)、まずフライトシミュレーターの売り場を
覗いてから、いろいろ所を見て回った。今日は特にヘッドホン
付きマイクを見たのだが、急に来たので差し込みの形状が
わからなかったので、購入せず店を出た。

いつもならばBASTILLE(バスティーユ)方面に帰るのだが、
メトロの乗換えが厄介なので、6号線のある駅へ。でもなかなか
無かったので、近くのバス停で場所を確認しながら駅へ向かう。
途中スーパーがあったので夕食の買い物をしようかと思ったが、
荷物が増えるのでやめた。

途中で、道を聞かれたのだが固有名詞を言われたので何を
言っているか解らず「解りません」と答えると、さっき
コンピュータ屋さんで貰ってきたパンフレットを指差したので、
「この人たちはここに行きたい」と言ってるという事がわかった
「あと500メートルぐらいですよ」と教えてあげた。
「勉強もうちょっとしないとなー!」。でもここでコンピュータ屋の
名前がSURCOUF(シュルコフ)(*2)ということを初めて知った。

駅に着いて6号線に乗ったが、車内の案内板を見ていたら次の
BERCY(ベルシー)で14号線に乗換えが出来ることが判明。
考えているうちにBERCY着いたのですぐに降りて乗り換える。
その方が早く帰れる。案の定、乗り継ぎが良くMADELAINE
(マドレーヌ)から8号線で家に帰った。

<ちょっと一言>
*1 フランスでは万引き対策のため入店時に紙袋などを
持っていると中身のチェックを受ける。場合によっては預け
なければならない。
*2 SURCOUFはパリで最大の大型コンピュータストア。
品揃えは豊富だが値段は高い。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

いつもありがとうございます。ランキングに参加中で~す。



Powered by FC2 Blog