プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪が降ってきた。

今日は寒く、のどが痛く目が覚めた。

そして外を見ると雪が積もっていた。昨日の残りの
お好み焼きを食べて、カメラを持って外に。
コメルス教会
[家の近くのコメルス教会]

まずエッフェル塔に行って何枚か写真をとって、「せっかく
だからエッフェル塔に上ろう」と思ったが、少し前に窓口が
閉められてしまって上る事が出来なかった。それから
トロカデロに行き、何組かの人に「写真をとって欲しい」と
言われ撮ってあげてから、自分の分を撮る。
エッフェル塔
[トロカデロから見たエッフェル塔]

すると近くに露店が出ており、ポップコーンが食べたく
なったので、買おうとしたらお店の人が、「冷たいから止めときな」
と言ったのでやめた。フランスではめずらしく良心的な露店だ。

メトロに乗って今度は凱旋門に移動。雪が解けてきていたので、
あまりきれいではなかった。「上空からの写真を」と思ったが、
こちらの展望台も閉まっていた。
シャンゼリゼ
[シャンゼリゼで]

今度はメトロ6号線にのってMONTPARNASSE(モンパルナス)へ
行き、モンパルナスタワーに上る。ここは開いていたが、最上階の
テラスには立ち入れなかったのでガラス越しではあったが
写真を何枚か撮って、駅前のスーパーINNO(イノ)で買い物を
して家に帰った。
モンパルナスタワーから
[モンパルナスタワーから]

帰宅してから体調があまり良くなく、しんどくなってきたので、
早々に夕食を取ってお風呂に入った。夕食は、野菜炒めと
冷凍のグラタン、魚フライ。昨日の残りの鳥も焼いたが、変な
においがしたので廃棄した。





スポンサーサイト
前回テレビの事を書いたのですが、周りの反響が大きかった
ので引き続きテレビのことを取り上げようと思います。

僕は昔、ラジオの仕事をしていたのですが、フランスの
テレビを見ていて感じたことは「視聴者参加型のクイズ
番組が多い」という事。現在、日本でこのタイプの番組は
児玉清さん司会(ABCテレビ)の「アタック25」ぐらいしか
思い浮かばない。

クイズ番組といえば、知識がなければ答えられないものが
多いのは当然の事。でもそんなに知識がなくても答えられる
クイズ番組が存在した。1つは「La Cible」という番組。
FRANCE2でお昼ごろ放送されていた番組だが、現在は
放送されていない。内容はフジテレビ「ネプリーグ」のクイズ
5ボンバーのように、答えがたくさんあるような問題。例えば
「世界の通貨」や「ヨーロッパの航空会社」など、また「答えが
"S"で始まる問題」など、工夫すれば日本でも放送
出来るんじゃないかと・・・。

そしてもうひとつは「Des chiffres et des lettres」。日本語訳に
すると「数字と文字」。僕が留学当時はFRANCE2での放送
だったが、現在はFRANCE3で放送されている。これもルールは
単純。

数字編は6枚の数字カードが出され、足したり、引いたり、
掛けたり、割ったりして番組が指定した数字にする。文字編は、
9枚のカードをなるべく多く使って文字を作る。(各カードは
母音か子音は解答者が選べる)。これは結構フランス語の
勉強に役立つ。日本から番組は見ることが出来ないので、
Youtubeで探したところ、ちょうどいいのがあったので、ここに
アップしておきます。説明するよりかは見てもらったほうが
解りやすいので・・・


余談ですが、司会者のLaurent RomejkoさんはFRANCE2で
お天気お兄さんをしていますが、お天気と言えば
Patrice Drevetさんは外せません。テレビなのに平気でカメラに
お尻を向けて概況説明したり、オーバージェスチャーするなど、
学校に行く前、FRANCE2の朝の情報番組Telematinで出て
きたときには、思わず準備の手を止めて見てしまうほど、
面白い天気予報でした。

僕ってちょっとマニアックすぎますかね~???

ニュース番組

最近お遊びのことばかりなので、たまには真面目な事を。

フランスのテレビ番組。ナタリーは「勉強のためにテレビを良く
見なさい」とよく言う。しかしフランスのテレビ番組ははっきり
言って面白くない。その証拠にジェラードはFrance3の
Pieces a Convictionという、月1回のドキュメンタリー番組の
スタッフだが、自宅にはテレビがない。テレビの話をしても
「その番組はFrance3の番組?」とよく聞かれた。

それでもやはり勉強のためテレビを見た。ニュース系は
学校に行く前、France2のTelematin。フジテレビの
「めざましテレビ」、大阪ならば「おはよう朝日です」にあたる
だろう。夜はFrance3の19|20。ニュースの素材は基本的に
France2は全国、France3はローカルを扱うが、全国
ニュースも少し扱う。それと何といっても19時と20時前に
「明日のスト、交通情報」は役に立った。(現在は放送なし)

メディアと言えばラジオもある。先月のクラス担当、
クリスチャンは「France Infoは繰り返し放送してくれるから
いいわよ」といっていたが、ナタリーは「内容が難しすぎる」と
異議を唱える。僕も正直言ってそう思う。

ラジオならばやはりRadio France Internationaleの「やさしい
フランス語ニュース
」は外せない。音声データも原稿も
インターネット上で確認できるので良い教材だ。

最近あまり勉強をしていない。クリスマス休暇の旅行、年末
年始の行事・・・。さすがに今日はまとまった時間勉強をした。
とはいえ、今夜は新年会。

何を作るか考えた結果、お好み焼きにする事にした。材料が
足らないので、またまたチャイナタウンに行って買い足し、
家に戻ってきてすぐに準備を始めた。フライパンと粉を捏ねる
ボウルが足らないので、隣のカオリに電話をして貸してもらい、
2人で作り出す。

すると向かいのケイコも帰ったきたので新年会が始まった。
マユコの携帯にも電話をして、早く来るように催促をした。
しかし、あまりに来るのが遅いのでもう一度電話すると、
「玄関の次のドア(玄関のデジコードは突破したが)が
開かない」と言われたので、ケイコに見に行ってもらうと簡単に
開くのにマユコは苦労していたらしい。

お好み焼きはうまく焼け好評だった。(僕は大阪人なもので・・・)
それからまたなんだかんだ話し込み、終了が何と朝7時。
みんなが帰った後、掃除をしてメールをチェックして休んだ。

<ちょっと一言>
デジコード・・・日本でいうところのオートロックの解除の
        暗証番号。

お好み焼きの作り方。
日本食材店で売られている「お好み焼きの素」なんかは
使いません。大阪人からすれば邪道です。しかも貧乏学生で
お金もないし・・・日本の味は懐かしいのです。具材は皆さん
ご存知のとおりのもの、キャベツ、小麦粉、卵ですが、
紅しょうがを入れるとおいしいです。そして生地は水ではなく
牛乳で溶いてください。水は一切使いません。そして最も
重要なのが長いも。おろし器ですりおろし、生地を捏ね弾力が
出ればOKです。あと、薄切りの豚肉は精肉店によっては
「カルパッチョのように切ってください」と頼むと切ってくれる所も
あるが、入手不可能な場合は冷凍で豚肉を固めておいて、
半解凍した時点で斜めに包丁を入れると薄く切れます。

正月2日

日本の場合、正月はゆっくり過ごすものだが、フランスの
1月2日はもう普段どおりだ。起きて朝昼兼用のご飯を
食べてから、勉強しようとポンピドーの図書館に向かう支度を
して、近所のバス停に行くと丁度バスが出てしまった
あとだった。

次のバスを待っていると、隣の住人カオリが僕を見つけ、声を
かけてきた。ちょっと話をして結局予定が変更。チャイナタウンに
行く事に。

勉強道具を一度自宅に置きに帰り、向かいのケイコに
いつ新年会をするか打ち合せをし、ついでにマユコにも声を
かけ、COMMERCE(コメルス)駅前で待ち合わせ。それから
メトロでPLACE D'ITALIE(プラスディタリー)で降りて、まずFNAC
(フナック*1)から順番にTOLBIAC(トルビアック)に向かって
歩いてまた戻る。
Place d'Italie 丹下健三
[Pl d'Italieにあるショッピングセンター。設計は丹下健三]

さすがに疲れたのでコーヒーを飲みにFNACのCAFEに入って
閉店近くまで(約3時間)。それからマユコが「来月家族が
観光で渡仏するため、電車の時間を調べたい」と言ったので、
SNCFの自販機で時間を調べ、それから夕ご飯。

今夜はうちで3人で取ることになり、まずマユコの家に行って
カレーを。それからCOMMERCEの商店街で、エビチリなどを
買って、僕が作ったポテトサラダなどを持ち寄った。それから
またいろんな話をしたり、音楽を聴いたりし朝7時まで・・・。

さすがに最近きちんと勉強していないので、明日こそは・・・。

<ちょっと一言>
*1.FNAC(フナック)・・・フランスの大型書籍CDショップ

寝正月

大晦日、年越しパーティがあったため朝帰り。そういうことで
目が覚めると11時。さすがに今日はお正月なのでお店も
開いていない。ごはんを食べて部屋で音楽を聞いていると
電話が鳴った。受話器をとったがはっきり聞きなれない声。
「誰だろうと?」と考えていると「弟」だった。

日本を出国する時に見送りに来て以来なので、3ヶ月ぶりに
声を聞く。当然ながら日本もお正月なので、弟家族も実家に
帰ってきていたので、そのついでの「おめでとう電話」。

最近デジカメを買ったらしく、メールで写真を送るとの事。
それと飼い犬、シベリアンハスキーのオグの体臭が臭いらしく、
長い間動物病院に行っているが、なかなか治らないらしい。
それとメインは、僕がパリにいる間に家族がパリ観光を
したのだが、いつ頃ならいいかの相談だった。大阪とパリは
地球半周分の距離。飛行機に12時間も乗らなくては
ならないので、なるべく飛行機が空いている時期に来たい
みたいだ。おまけに両親は海外に出たことがなかったので・・・。
シベリアンハスキー オグ
[我が家のアイドル。シベリアンハスキーのオグ]

電話を置いてしばらくすると、今度はイスからの電話。「昨日の
ソワレで誰かが鍵を落として帰ったらしく、持ち主を探して
いるのだけど・・・」との事だが、当然、僕ではない。でも
誰なのだろう?

その後はテレビも面白くなかったので、パソコンのファイル整理を
して昼寝。夕食も昨日の残り物の焼きそばを食べ、日本に
いるときと同じ、寝正月だった。


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。