プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
職人従弟制度博物館を見学。
職人従弟制度博物館 トゥール
[職人従弟制度博物館]

でも12時で閉まると言われたが、そんなに広くはないので
入館した。ここにはいろんな職人の作品が展示されていて
面白い。たとえば、馬具の蹄鉄職人とか、建築職人、
料理人など幅広く職人について作品や構造を交えながら解説
していた。
職人従弟制度博物館 トゥール
[例えば、石橋の作りは・・・]

博物館を出るときは12時を回っていたのでお昼ご飯を取りに
ナショナル通りを市役所まで下る。するとセルフレストランの
FLUNCHがあってので白身魚フライを食べる。

それから少し歩き疲れていたが、Tours(トゥール)着いた日に
行ったクレープ屋さんのPLACE PLUMEREAUで写真をとって、
ついでに別の観光客にカメラを託されたので写真を撮って
またナショナル通りを下りホテルに帰った。

Place Plumereau トゥール
[PLACE PLUMEREAU]

ナショナル通りは、たくさん店屋があるのだが、今日は
日曜日ということもあって閑散としていた。

気軽にフォローを!


スポンサーサイト

Tours(トゥール)観光

昨日は熟睡した。今朝はアサコとの約束でまず朝食を取りに
Tours(トゥール)駅へ向かう。時間通り会って駅前のカフェで
クロワッサンを食べ、ラジオの話やフランス語の話をした。
アサコは朝の電車で留学先のPoitiers(ポワティエ)へ
戻るためTours駅で見送った。しかし食後、僕を拉致しようと、
まず隣の駅まで監禁されそうになったが、また「19時に戻って
こなければいけないので」ということで断った。

ご飯を食べているとき、アサコにToursの見所を聞くと
「ロワール河に行くよう」勧められたのでそちらに向かって
歩いてみることにした。今日は昨日と違って一人でぶらぶら。
ケイコとチアキは別の予定があったので。
ロワール河 トゥール
[ロワール河]

ロワール河まで出るとダイバースーツを着た一行と出会い、
手にはボディーボードを持っていた。それから
ナショナル通りを下って大劇場、またロワール河の方に戻って
職人従弟制度博物館にいく。
Tours Rue National トゥール ナショナル通り
[Toursのメインストリート、ナショナル通り。]

トゥール 大劇場
[Toursの大劇場]

気軽にフォローを!




古城めぐりを終えて、Tours(トゥール)でチアキが予約して
いてくれたレストランへ。

僕とアサコとケイコは、サーモンのココット、かもの手羽先、
ガトーショコラ。チアキはウサギのテリーヌと鴨の手羽先、
タルトを食べて12ユーロ。店を出るとき、写真を撮っていたら
隣の席に座っていた人が、僕らが何人かとか、僕のカメラを
見て話をしていた。たぶん「フランス語がわからないから
大丈夫」と思ったのだろうが、でも全部理解してました。

そして今度は車を返すために、レンタカー屋さんの前に車を
止め、ケイコとチアキは、別の友達の家に、僕とアサコは
Tours駅へ、アサコのチケットの変更に出かける。

まずは駅の自動券売機で試してみたのだが、だめだったので
窓口で対応してもらった。こっちの電車は発車して1時間
以内だったら交換してもらえるシステムになっている。
それが済んでから、アサコが自動券売機の使い方を
知らないと言うので、それを教えて、昨日行ったチアキの
学校の女子寮まで移動。寮の近くで、ケイコとチアキと
合流した。

寮の中では、学校の話や、Tours情報(町の)はどこから
仕入れるのか?と言う話題をし、23時ごろ寮をあとにした。
明日は朝ごはんをアサコと食べる約束をした。

でも本当に今日は楽しかったし、うまく車でロータリーを
回ることが出来た。でもウィンカーとワイパーのスイッチは
よく間違えたが・・・(日本車と逆配置なので)。

気軽にフォローを!


ユッセ城へ

アゼ・ル・リドー城見物のあと、今度はマルシェの会場まで
戻り昼ごはん。「夕ご飯はいいものを食べよう」と
言ってたので、お昼はピザ。でもこの店の従業員は2人しか
いなく、てんてこ舞いだった。僕らのピザがなかなか
来なかったのだが、おじさんは「2minutes!」といって
愛想良くしてくれた。

食べ終わってからコーヒーを飲みたかったが、また時間が
かかるのでお勘定をして出発。でもここでも道に迷い
Uターンして戻り、そしてまた車を止めた。すると偶然、
桜の木に花が咲いていたので写真を撮り、今度はユッセ城に。
さくら
[サクラが咲いているのだが・・・よくみえないですね]

車を止めて受付へ。ユッセ城は「眠れぬ森の美女」の舞台と
なった城らしい。ここは入場料が高かったので、他のみんなは
思案していたのだが、結局入ることになった。まずチャペル
そしてカーブ(CAVE)、それに馬小屋を見てガイドツアーに。
これも約20~30分ぐらいで終了した。
ユッセ城
[ユッセ城。LEGOで作ったお城みたい]

ユッセ 城下町 
[城のガイドツアーの途中、窓から見た城下町]

このユッセ城は大変気に入り、写真をばちばち撮った。
それから絵葉書を買って道を隔てたところのカフェでお茶を
する。勘定を済ませて見晴らしのいいところに行こうとしたが、
あまりにも平坦すぎたので引き返し、ユッセ城の前の駐車場で
アサコが「車を運転したいがAT限定しかない」と言うので、
車の運転を交替し、久しぶりに教習(駐車場で)をした。
(レンタカー屋で借りた車はMT(ミッション)車)

駐車場でそんな事をしていると、今度は僕が傘をさっきの
カフェに忘れていたらしく、わざわざカフェの女の人が
僕らの車まで届けてくれた。またまた親切に触れ合う。
ハンドルを交代して、来た道を戻ってTours(トゥール)市内へ。

今度は明日するカレーパーティーの買い物と、僕の飲み物を
買いにカルフールに行ったのだが、また道に迷いぐるぐる
回りながら到着。

そしてチアキが予約していてくれたレストランへ。でもここに
行くまでにも道に迷いバックしたりだった。また市営駐車場の
パーキングチケットの発券方法がわからず、しばらく討論した。

それも解決しレストランに入った。

気軽にフォローを!


何とか無事レンタカーを借りて今度は、ケイコとチアキの
友達のアサコを迎えに駅前に。でも車はいっぱいで止める
ところがなく二重駐車。電話をかけると、すぐ近くに
いることが判明し乗車。彼女は佐賀県出身だが、大阪で
働いていたらしい。

出発した車は快調にTours(トゥール)の町を南下。でも標識が
小さく、見えにくかったので見落とし行き過ぎてしまった。
途中で車を止めて経路を確認し(カーナビもなかったので)
Uターンして元通りの道を戻る。

そして、しばらくしてから最初の目的地アゼー・リドー城に
到着。でもこの町のどこに駐車場があるのかがわからず、
経路確認のために車を止めていたら、親切な白髪のおじさんが
「俺の車について来い」と言うのでついていった。

しかし駐車場は満車。もう一度もとの位置に戻ってくると、
今度はおじさんはバックで誘導までしてくれたのだが、空き
スペースが無く、ちょっと遠いけど、別の駐車場まで
案内してくれた。

そして車を降りて、アゼ・ル・リドー城見物。
アゼ・ル・リドー城
[アゼ・ル・リドー城]

でも天候は雨で状態が悪かったのが残念だったが、4人で
わいわいガヤガヤ言いながらいろんな部屋を見て回った。全部
見終わってから恒例の絵葉書の購入。ここは自動券売機
だったのだが、フランスの自動券売機はお釣りが出ないことが
多いので、「またか」と思っていたのだが、僕が去ってから
おつりが出たらしく、次に買った小さな女の子が、わざわざ
親切におつりを持ってきてくれた。なんて親切なんだろう。

気軽にフォローを!


昨日はなかなか眠れず、26時ごろに寝た。でも眠りが浅く、
目覚ましが鳴る前に起きた。

昨日寝る前にインターネットに接続できなかったのは、
電話が常に話中だったからで、ホテルの案内書を読むと、
レセプションにインターネットをする旨を伝えないと、
電話がかけられない仕組みになっていたので電話をし、
インターネットを開始。

まずトモコに依頼のメールと、勤めていた教習所の同僚に
返事を書いて、今日車を借りるレンタカーを調べた。
そうしていると待ち合わせ時間ぎりぎりになっていたので、
朝食を食べずにホテルを出てトゥール駅でココアを飲んだ。

そしてちょうど9時に待ち合わせ場所に。チアキとケイコも
いい時間に着いて早速EUROPCARに(*1)行き車を借りようと
したのだが、今日はコンプレで車がないと言われ、今度は
HERTZ(*1)に行っても同じことを言われた。ちょっと
軽率だった。「まあ当日に行っても何とかなるだろう」と
いう考えがみんなにもあった。「もし次のレンタカー屋さんで
車がなかったら、ロワールの古城めぐりは中止」そこまで
決めた。そして来た道を戻っていくとき、NATIONAL(*1)が
あったので入って聞いてみると在車があるとの事だったので
ここで借りることにした。よかったよかった!

まず、利用する日数と走行距離を聞かれ、それから乗車人数の
質問を受けてから車を決めてくれた。車はシトロエンC3。
シトロエンC3
[シトロエンC3。もちろんミッション車でParisナンバー]

その後、免許証を提示して、保険の注意事項、車の盗難、
荷物の盗難、それともうひとつ、内容はわからなかったが
「何かはききません」だった。

そのやり取りをしているうちにフランス語の話とか、
「どこの城に行くのか?」とかを聞かれ、あと、鍵の
返し方や、返す時にガソリンを満タンにしなければならない
とかを聞いていざ出発。

<ちょっと一言>
(*1)・・・レンタカー屋さん。

気軽にフォローを!



Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。