FC2ブログ

プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


パリ祭

パリ祭の日。ちなみにパリ祭は7月14日。

昨日寝たのが遅かったので非常に眠く、目覚ましを鳴らして
30分後にやっと起きた。メトロでシャルル・ド・ゴール
エトワルに行くと、案の定出口が制限されていた。

シャンゼリゼ通りの方に向かい、ボディーチェックを
受けてから見物場所に。勝戦記念パレードの時よりも
はるかに多い人だ。しかも柵は二重に仕切られていて、
道路にはすでに戦車などの車両が並んでいた。パレード
スタート2時間前の話。
パリ祭 シャンゼリゼ
[最前列に陣取った!]
パリ祭 シャンゼリゼ
それからずーっと待って飛行機がトリコロールを飾り
スタート。しかし場所が悪く照明の下だったので
きれいには撮れなかった。
パリ祭 シャンゼリゼ
[失敗した!照明はあるし、先頭は欠けているし…]

それからまた間が空いて当時大統領だったシラクが通過。
パリ祭 シャンゼリゼ シラク
[某日本語情報誌から写真提供を依頼された1枚]

それからまた間が空いて車両が動き出した。空には
ヘリコプターや戦闘機が通過していく。全体的に
間延びしたものだった。

というのも全てのパレードがシャルル・ド・ゴール
エトワルでは見れなかったからだ。スタート地点が
勝戦記念パレードの時と違うらしく、パレードの先頭から
最後まで見るためにはコンコルドやシャンゼリゼ・
クレモンソーがお勧めではないだろうか。

気軽にフォローを!


スポンサーサイト



パリ祭の花火

パリ祭のパレードが終わって見物場所から離れて
シャルル・ド・ゴール・エトワルの駅(凱旋門)に行くのが
また大変だった。しかしメトロはいうほど混雑してなく、
そのままBastille(バスティーユ)に向かい、塔に
上っている人がいないかを期待して行ったがいなく、
リヨン駅まで歩いて昼食。それからオーストリッツ駅から
メトロで帰宅。昨日は睡眠時間が短かったのでメトロの中で
寝そうになった。

家に帰りシャワーを浴びて3時間ほど寝てからラジオを
聴いて夕飯。今日はパスタソースを使わないと
いけなかったのでカルボナーラにした。お風呂に入り
今日の22時30分から花火が上がるとのことなので、早目に
トロカデロに三脚を持って向かう。

でもPassy(パッシー)に着いた時にアナウンスが。
「トロカデロの駅は閉鎖中」と。仕方がないのですぐ降りて、
歩いて行こうと思ったが警官がいたのでトロカデロに
行けるか聞くと行けないとのことだったのでBir Hakeim
(ビラケイム)の橋の上から撮る事にした。
Bir-Hakeim ビラケイム橋 パッシー
[Bir Hakeim橋。奥はPassy(パッシー)駅]

この時点で最前列には人が並んでいて三脚の置く
スペースがない。しばらく考えていたら親切な人が
スペースを開けてくれた。そこに三脚を置いて開始時刻の
22時30分を来るのを待った。
パリ祭 Bir Hakeim ビラケイム
[当日のBir Hakeim(ビラケイム)橋の下]

しかし時間が過ぎても始まらない。よくあることだ。
30分、40分経つとさすがに観客から警備の警察官に
いつ始まるのかと質問が。しかし何かトラブルが
あったらしく詳しいことがわからないとの返事だった。
このまま待つしかない。

気軽にフォローを!


あ~花火が・・・

パリ祭の花火をBir Hakeim(ビラケイム)の橋の上で
待っている。

予定時刻を約1時間過ぎて始まったのはいいのだが、
シャンドマルスの方から打ち上げると思っていたので
カメラをセット。しかし、なんとトロカデロからの打ち上げ
しかも木で隠れてほとんど見えない。僕の周りの客は
「見えない~」と言っていた。結局花火はあきらめざるを
得なく、(移動もできないし)しばらく経ってから
このままだとまたメトロに乗れなくなるので、一足先に
場所を撤収してPassy(パッシー)駅に向かうと同じ
考えの人が多く、すでにホームは人であふれかえっていた。
シャンドマルス エッフェル塔 Champs de Mars
[エッフェル塔から見たシャンドマルス。反対側がトロカデロ]
Voie Georges Pompidou エッフェル塔 Bir Hakeim
[予定では右上に花火が…しかし無情にも左側に]

メトロに乗るとBir Hakeimの駅は通過して(珍しい)
次のDupleixではたくさんの人が、La Motte Picquet
Grenelleに関してはすごかった。改札を見ると
入場制限までしていた。

そこからメトロ10号線で帰宅するときに2件の質問に答え、
Charles Michels(シャルル ミッシェル)の駅に
着いてから、のどが渇いたので向かいのホームにある
自販機で買おうと思ったが、すべて売り切れだったので
あきらめ、地上に上がると駐車の車でいっぱいだった。

確かにシャンドマルスまで歩いて行けるからいい場所だ。

またこの時間に大変人通りが多かった。帰り道yatoo(*1)
でジュースを買い、小腹がすいたので家でソーメンを茹でた。
Y'a Too
[Yatoo]

<ちょっと一言>
(*1)yatoo…食料品の自動販売機。パリにはコンビにはないので…

気軽にフォローを!


暑さのせいで?

昨日の夜はインターネットのし過ぎで寝るのが遅くなり
一度8時に起きたが、また寝てしまった。「あっ」と
思って起きて新聞をもらいに行ったが、無料新聞の
METROと20Minutesともなかったので休刊日と思った。
いやいや、僕が起きるのが遅かっただけで・・・

家に帰ってネットでニュースを見て、写真を整理し朝食兼
昼食を食べる。それから昼寝をしてからinvalide
(アンバリッド)に行き、シャトレまで歩いた。
パリ アンバリッド
[アンバリッド]

この年の夏は猛暑で、この日は36度もあったのでアイスを
買って食べたが食べこぼしをしてしまった。
Go sports(*1)に行き水着とキャップ、それにゴーグルを
買う。キャッシャーのお姉ちゃんはやる気がなく、店を
出るときに防犯ブザーが鳴った。ちなみに前の人も鳴った。
商品タグの取り忘れが原因だ。

おなじLes Halles(レアール)にあるセルフレストラン
flunchでトイレを借り、ついでに水を飲んだ。この時点で
16時30分。明日はYolande(ヨーランド)がヴァカンスに
誘ってくれたので、買い物ができない、つまり外食。
フォーラムデアール パリ 
[Forum des Halles(現在取り壊し中)]

一度帰ってまたここまで出てくるのがいやだったので
surcouf(*2)に行く。

リヨン駅でたまたま20minuteをゲットできた。フライト
シミュレーターのコーナーには新しい操作機材が置いて
あった。全部見てからリヨン駅まで戻り14号線で
Pyramide(ピラミッド)へMETRO新聞がないか確かめに行く。
あった。
Ligne 14 Metro Gare de Lyon
[14号線のリヨン駅。右側には植物園?]

それからまたシャトレまで戻って夕食。野菜サラダを
たくさん食べて家に帰る。

そのときRER(郊外高速鉄道)のBとD線が止まっている。
メトロ14号線なので関係ないと思っていたら、こっちも
リヨン駅とシャトレの間で電車が止まっているとの
アナウンス。ちょっとだけ待ったが早く帰りたかったので
4号線で帰宅。

すると偶然、アナトールのクラスで一緒だった
ベトナム人の女の子と会って、ちょっとだけ話をした。
彼女にはイタリア人の連れがいてたので、本当の社交事例
程度だけだったけど・・・。

家に着いて風呂に入って明日の準備をしよう。

<ちょっと一言>
(*1)Go Sports…スポーツ用品の専門店。
(*2)surcouf・・・シュルコフ。御用達のパソコン専門店。

気軽にフォローを!


朝起きて新聞をもらってからパンを買いに行く。

いつもならRenou(ルノー)で買うのだが、Renouは
ヴァカンス中のため、家の前のパン屋で購入。しかし僕は
どちらかというとRenouのパンのほうが好きだ。
食べてからネットでニュースを見てBrive(ブリーブ)に
行くための準備をする。

今回の旅行は、Yolande(ヨーランド)とGerard
(ジェラー)の招待を受けてもの。「ヴァカンスに行こう」
と言われた時は驚いたが、フランスの人たちは日本人と
違って、みんな本音で話してくれるから(いい事も悪い事も)
僕にとっては本当に楽なのだ。こうして誘ってくれたのも
お世辞ではなく、本心からだということがわかったので
体験させてもらうことにしたのだ。

12時45分に家を出てオーステルリッツの駅に。電車は
ヴァカンス客で満員だ。あらかじめ座席予約を取って
いなかった人は通路にいた。
パリ オーステルリッツ駅
[オーステルリッツ駅]

Briveはオーステルリッツ駅から4時間。フランスの
新幹線TGVも走っていない路線で、途中には陶磁器で
有名なリモージュを通る。

Briveの駅に着いてからYolandeとGerardが迎えにきて
くれていた。Gerardの別荘に行くまでにいろいろな所に
連れて行ってもらって家に到着。
Gerardの話によると、ここは亡くなったおじいさんが
住んでいたらしく、その後は別荘として使っているそうだ。
Brive 別荘 Gerard
[Gerardのおじいさんが住んでいた家(別荘)]

家に着いてから、Yolandeと近くの農家に牛乳を買いに行く。
するとシェパードが出迎えてくれた。ミッシェルという人が
ここの住人で牛を飼っており、その牛乳を分けてもらい
チーズを作るのだ。田舎の人だからかなり長話。もう
帰るのかなと思いきや牛乳の代金を払いにミッシェルの
家に行くとおばあさんがいて、またこの人もかなり話す。
昔の話や自分の息子(ミッシェル)の話を・・・。この家は
鶏やはと、ウサギを飼っている。長話に付き合ってからは
家に帰るとジェラードが夕飯を用意してくれていた。

夕飯は鴨肉とジャガイモをいためたもの
(これがかなりおいしい)。

家にはかなり年代ものの白黒テレビがあり、調節しないと
映らないものだったが、何とか見れるようにした。明日は
YolandeとGerardが目覚ましを7時にセットしていたので
早く寝ることにする。

気軽にフォローを!



Powered by FC2 Blog