プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間に合わないかも

昨日は26時に寝たが、部屋はちょっと暑かったので
寝つきが悪かった。それでも8時に起きて(約束では
7時30分)朝ごはんの用意をした。Gerard(ジェラード)の
姿が見えなかったので聞くとジムに行ってるとYolande
(ヨーランド)が言う。「そんなものはどこにあるのか?」
と聞くとまだベットだそうだ。

一足先にYolandeと朝ごはんを食べてしばらくしてから
Gerardが起きてきた。今度はYolandeが片づけを
している間、パソコンの話をした。それから身支度を
してから今日は家でまずカメラに向かってインタビュー。
これはYolandeの芸術活動の一環なので協力したが、
いきなりだったので質問の答えを考えるのに時間が
かかった。その間Gerardはパン屋にパンを買いに。

Gerardが帰ってきてから今度は昨日車の中で歌った、
ドレミの歌とかえるの歌の録音と宵待草の開花を録画。
するとお昼になり、今日の昼ご飯はジェラードが
作ってくれた。

実は今日パリに帰るので、これが最後の食事。「最後に
鴨いっとく?」といわれたので迷わず「うん」と。
それからトマトときゅうりを使ったサラダ、そしてご飯と
さっき買ってきたパンを食べる。食べながらいろいろ
話していたら14時10分。電車の出発時刻は14時40分なので
あまり時間がなく、急いで駅へ。駅といっても家の裏にある
ローカル線の駅ではない。

「もしかしたら間に合わないかもしれない」言われたが、
発車5分前に駅に着き、コンポステ(打刻)をしてから
ホームに。

Gerardは車の中で「5分や10分は遅れて当たり前」と
いっていたが、そのとおりになった。ホームではYolandeが
ビデオをまわし、Gerardと発車間際まで話をした。

電車は5分遅れで出発した。電車内はかなり蒸し暑い。
太陽の当たる側の窓はすべてカーテンが引かれていたが、
それでも暑かったので窓が開かないかを試したが
開かなかったので、席をコンパートメントの車両に移った。

まだこちらの方がましだったが(乗客が乗っていなかった)
それでも暑かったので車掌が窓を開けに来た。車内販売が
来たのでコーラを飲んでうちわを仰ぎながら暑さをしのぐ。

オーストリッツの駅には5分遅れで到着。それから夕飯を
マクドナルドで済ましメトロで家に帰り。すぐに風呂に入る
準備をして汗を流した。

それにしても、フランス人と一緒にヴァカンスに行けるとは
思っていなかったので、貴重な体験になった。

気軽にフォローを!


スポンサーサイト

大シャンソン大会

昨日は寝るのが遅かったので起きたのが9時だった。

朝ごはんを外の庭で食べてから今日も移動の1日が。
Yolande Gerard 朝ごはん
[家の裏庭で朝ごはん]

どこかの城に行く途中、奇妙なモニュメントを
見つけたのでジェラードが現地の農民と話しかけたら、
この話が長くて約1時間の足止め。再出発する時にはもう
すでに12時だった。それから車で1つ城(ここは良かった)
を巡ってからメロンを外で食べ、今度は昼ごはんを食べる
場所を探しながら湖の湖畔の(地図上にはなかった)
レストランで(15時)に昼を食べる。ここでもやはり
鴨肉関係のサラダとパテを食べる。またここのおばちゃんが
愛想がよく、お勘定を今日は僕が払う時にでも話をした。
お城

お城
[お城]

今度は車で城を巡りDOME(ドーム)というところに行く。
街中にはおみやげ物屋がたくさんあり観光客が多かった。
ここで洞窟ツアーがあったので「行く?」と聞かれたので
ヨーランドとジェラードに「来た事があるの?」を聞いた
ところ「ない」とのことだったので行くことにした。
この洞窟内の気温は15度。でも外の気温は結構
高かったのでよかった。
DOME 街中
[DOMEという街というか村]
DOME 洞窟
[洞窟の入口はこちら]

それから歴史博物館に行ってから今度は小さな町だけど、
ここも結構よかったところ。しかし時間が遅かったので
内部には入れないが、昨日見た山岳都市みたいだった。
岩城
[岩のお城]

それから今度も城を見に行く。しかしここも
閉まっていたが、裏にあった教会で写真撮影会。
ステンドグラスの光を使って何枚も写真を撮られた。
お城
[ここのお城は、すでに閉館時間を過ぎていたので…]
教会 撮影会
[教会で撮影会]

夕飯は21時前で、昨日行った山岳都市のお姉さんが
教えてくれたいいレストランに行く。しかし少しだけ道に
迷い、現地の人に聞いてやっと着いた。

外側には交通標識を使ったデザインになっていたが、中に
入ると何の関係もないものだった。さて、ここの注文は
田舎風スープ(たまねぎ、にんにく、chevre(ヤギ)の
チーズにたぶん牛乳とパン)、フォアグラ、鴨のコンフィ、
ヤギのチーズ、デザートはアイスクリームでしめた。
かなり満腹状態。

店を出るとき23時だった。それから約1時間シャンソン
タイムになって車の中は歌歌歌。家に着いても
まだ歌っていた。それからジェラードの勧めで空を見上げると
星がすごくきれい。プラネタリウムみたい。また蛍も
飛んでいた。僕はそれから風呂に入ってご就寝。

気軽にフォローを!

次は石積みの家をYolande(ヨーランド)と2人で見に行く。
一方Gerard(ジェラー)は昨日、蚊のせいで睡眠不足なので
近くの原っぱで昼寝することになった。

石積みの家は、最近建てられたものが多かったので
イマイチだったが、ここで育てている孔雀が大きな羽を
広げていたので2人で何枚も写真を撮った。日本だったら
檻があったり、金網がはってたりするのだが、ここは
ほんとに放し飼い。
孔雀 Brive
[Yolandeと孔雀。そのうしろが石積みの建物]

それからGerardを起こしに行ってから夕飯をとるために
また移動。

しかし道がややこしく、何回か間違ったが無事ついた。

何を食べるかは2人に任せる。前菜はフォアグラのサラダ。
ここのフォアグラのテリーヌはストラスブールで食べた
ものよりもおいしい。メインはコンフィ デュ
ションピニョンを食べ、デザートはりんごのフランベを。
かなりおいしかった。
Yolande et Gerard
[Gerardは昼寝の効果が…]

しかも今日の必要経費は、全部出してくれたのでちょっと
恐縮しているしだいで…

家に帰る途中、Montignacという所を通ったのだが、
良かった事を付け加えておく。

気軽にフォローを!

C'est Parti !

ヴァカンス1日目。
今日は朝7時から起きてあちこち連れて行ってもらった。
Brive Gerard 別荘 
[家の裏には駅が。しかし列車は来ず]

まずマンモスのいた?洞窟に。洞窟内にはトロッコが
あって総延長が1km。ここは平日でも早く行かないと
いけない所らしい。

そして小さな町でお茶をして、パン屋の看板を撮ってから、
山岳の洞窟都市みたいなところへ行った。ここでちょうど
お昼となったので、また別の町の静かなレストランに行き
鴨肉のサラダを食べる。
Yolande Gerard
[お茶風景]
パン屋の看板
[この向かいにパン屋が…]

それから動物の彫刻がたくさん彫ってあり、1体だけ人骨が
あるところに行ってから、今度は鍾乳洞(気温は常時12度)
に行く。

とにかくYolandeがよく立ち話をするので、Gerardは
口には出さないがあきれているみたいだった。

気軽にフォローを!




Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。