プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地下鉄の終点で降りて、運河の方に向かうと今日の
宿泊するホテルGrand Hotelがあった。
しかも目の前はキャナルクルーズの乗り場。チェックインが
済んで部屋に入る。
残念ながら運河側の部屋ではないが結構いい。クーラーも
効いているし。荷物を置いてからしばらくして運河
クルーズに行く。
ストックホルム grand hotel
[Grand Hotel。目の前が運河クルーズの乗り場。]

チケットを買って乗り場がわからなかったので、係員らしき
人に聞いて15時発の船に乗る。最初は良かったのだが、
乗っている間に前日の睡眠不足のため寝てしまっていた。
何せパリとは気温差が15度。大変涼しい。

クルーズ船からは、運河で泳いでいる人もしばしば。しかし
砂浜みたいなところはほとんどなく、岸はすでに岩石の
固まりだ。
ストックホルム ニブロ湾 運河クルーズ
[ニブロ湾]

2時間のクルーズが終わり、アイスを食べて周りを歩く。

王の庭園、オペラ座、ヤコブ教会。さらには、
舞踊博物館からギャレリアンというショッピングセンターを
通って地下鉄でストックホルム中央駅へ出た。
ストックホルム オペラ座
[ストックホルムのオペラ座。]
ストックホルム 王の庭園
[王の庭園を正面から。]
ストックホルム 王の庭園
[市民の憩いの場になっているみたい。]
ストックホルム 王の庭園
[実は隣にはオペラ座が・・・]

気軽にフォローを!


スポンサーサイト
ストックホルム、アーランダ国際空港から、市内中心部に
行く電車、アーランダ・エクスプレスという電車に乗る。
アーランダエクスプレス
[黄色い車体のアーランダエクスプレス]

最初、駅で切符の買い方がわからなかったが、自販機に
備え付けてあった資料で料金が判明し、無事購入。
スウェーデンの電車にはじめて乗る。これがかなりきれい。
でもロンドンのヒースローエクスプレスの方が僕は好きだが、
その次ぐらいにランクインできるぐらいだ。
アーランダエクスプレス
[アーランダエクスプレス車内はこんな感じ]

約20分でストックホルム中央駅に。ここでも写真を数枚
撮ってからホテルに行くために地下鉄に乗る。
ストックホルム 中央駅
[ストックホルム中央駅]
ストックホルム 中央駅
[駅構内も明るい。]

しかし途中まで標識にmetroと書いてあったのになくなった。
仕方がないので地図を出して駅に、するとtのマークが
こっちの地下鉄というのだ。Tunnelbananという。

切符を買おうと思ったが窓口や販売機がない。
どうするのかと様子を見ていると、改札口で直接買うことが
わかり早速駅員に言って買う。しかし降りる駅の読み方が
とても難しいので地図で指を指して購入。

地下鉄の車両もきれいし、駅も洞窟みたいだった。
ストックホルム 地下鉄
[ストックホルムの地下鉄]
ストックホルム 地下鉄
[車内もブルーで統一。]
ストックホルム 地下鉄
[指づめ注意のピクトグラム。何て読むの??]

気軽にフォローを!


ストックホルムへ

ヴァカンスに行くためにシャルル・ド・ゴール空港の
ホテルに前泊。パリに住んでいるのだから、その必要は
本当はないのだが、暑さで睡眠不足。クーラーの
ある部屋でゆっくり寝たかったのもあり(しかも飛行機は
早朝便)・・・。しかし期待は裏切られた。やはりホテルの
部屋の中は暑い。ロビーに出るとこっちの方が涼しい。
更に外に出ると外の方がもっと涼しかったのだ。

朝5時に目覚ましが鳴ったが、やっと寝付いたころ
だったので眠かった。

ホテルをあとにしてTerminal2に行きスムーズに手続き
終了。今日はD72aというゲートからまたまたバス搭乗で
出発。

今日は飛行時間が長いので乗務員もゆっくりしている。
そんな中離陸前に指定された席に座っていたら隣の
兄ちゃんが何かジェスチャーをしたので何か?と思ったが
何にもなかったらしく、それを僕は見逃したので
話しかけると「・・・は知ってるか?」と聞かれたが、
さっぱりだったので「知らない」と答える。
エールフランス
[飛行機から見た空。とても青い。]

それから空席のゾーンを見つけたので「移動していいか」と
スチワートに言ったが無視され、戻ってきた時にその人は
それに気づいていたらしくお詫びに来た。

飛行機は無事にストックホルム・アーランダ空港に着いた。
ストックホルム アーランダ国際空港
[ストックホルム アーランダ国際空港。隣にはKLM機。]

しかしホテルに行くにはあまりにも早すぎるため時間を
つぶす。しかし思っていたよりかは立派な空港だったので
あまり苦にはならなかった。まず着いたTerminal5を
うろうろしてからsky cityというショッピングセンターが
あったので見て回り、ベンチに座ってメールの
下書きをしてから、空港内で昼ごはん。ちょうどセルフ
グリル式で、飛行機がよく見えるところがあったので
サンドイッチとコーヒーとサラダを食べる。
ストックホルム アーランダ国際空港
[ストックホルム アーランダ国際空港 Terminal5の外観。]
ストックホルム アーランダ国際空港
[ターミナル内でスウェーデン語をはじめて見た。]
ストックホルム アーランダ国際空港 SKY CITY
ストックホルム アーランダ国際空港 SKY CITY
[空港内のショッピングゾーンのSKY CITY]

気軽にフォローを!


とにかく寝たい

朝方にやっと寝付けた。ただ単に夜更かしをして
いるのではなく、暑くて寝られないのだ。朝ごはんを
食べてから家賃を払い、洗濯に行く。その間、家に
帰ってきて、今回最後のヴァカンスの支度をする。

乾燥するためにコインランドリーに一旦戻り、その間に昼食。
Commerce(コメルス)の教会の前にあるCafé La Tourに
行きたかったが、今日は休みだったのでCommerce駅前の
café du commerceで鴨のサラダとシトロンプレッセ
(生レモンジュース)を頼む。
パリ カフェ cafe de la tour
[コインランドリーからも近いCafe de la Tour]
コメルス教会
[この地区のシンボルCommerce教会]
cafe du commerce パリ コメルス
[Commerce駅前にあるCafe du Commerce]

洗濯物の乾燥が終わった時間を見計らって、洗濯物を
引き上げ、すぐにシャルル・ド・ゴール空港に行く支度をし
出発した。RER(郊外高速鉄道)で移動したのだが、かなりの
高温だったので窓から顔を出して暑さをしのいだ。普段は
高緯度なので夏場でもクーラー要らないので当然メトロや
RER系の電車には装備されていない。

シャルル・ド・ゴール空港のTerminal1駅で降りたら、外人に
「ここは空港なの?」と聞かれたので「そうだ。でも
ターミナルが2つあるから」と言うと「air eupopeは?」
「多分ここだと思う」と言ってからibisホテルにチェックイン。

今回は、早朝便の利用ということと、さすがに家では快眠
できないので、ホテルならばクーラーも効いているし
「寝れる!」と思ったのだが・・・

気軽にフォローを!


パリ市内を縦に

今日はPlace d'Italie(プラスディタリー)に行く。Italie2の
写真を撮ってからマクドナルドで昼食をとり、セルフグリルの
Casino Cafeteriaや中華系スーパーのタンフレールなどの
写真を撮って回った。
Place d'Italie プラスディタリー
[Italie2は建築家の丹下健三が設計]
パリ セルフグリル casino
[Casino Cafeteria]

それから第一大商場でそうめんとそばを格安で購入(特に
そうめんは10束1.15ユーロだった)。満足してTolbiac
(トルビアック)からメトロに乗ってLa Villette
(ラビレット)のtitanic展を見に行ったのだが、今日は
満員のため入れないとのこと。仕方がないのでパリ東駅に
戻り、42系統バスツアーをした。
パリ ラビレット 科学産業シテ
[夏は恒例の?タイタニック展。La Villette]

パリ北駅に着いてバスに乗ったらもう最後。車内は蒸し
暑い。途中Old England(madelaine)の向かいのアメリカ
チックの店の写真を撮って、メトロ8号線の終点に近い
アンドレシトロエン公園に。
パリ マドレーヌ寺院
[ん~。何か違う]
夕方ということもあったので人が多かったが、特に
大温室前の噴水は、黒山の人だかりだ。一応立ち入りは
禁止されているのだが、この暑さだから警察も黙認。
気球もこの公園には飛んでいるので、それを撮ってから、
この噴水に群がる人たちも撮った。
アンドレシトロエン公園 噴水 大温室
[立ち入り禁止の看板はあるものの・・・]
アンドレシトロエン公園 気球
[太陽の光を浴びる人も多い。]
家に帰り水浴びをして、今日買ってきたそばを早速茹でた。
ニュースを見ていたら最近のこの暑さで、暑さを
しのぐために博物館や図書館に行く人が多いとか
(クーラーがあるので)。

気軽にフォローを!



Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。