プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーパーバーンへ

ドイツ・ハンブルグに到着し昼食を空港で取ってから市内へ
移動する。

でも移動するためにはバスに乗らなくてはならないが、
どれに乗ればいいのかわからず、案内板と
にらめっこすること10分、ちょうどバスが来たので飛び
乗った。このバスはハンブルグ中央駅前に着くので便利が
いい。バスから外を眺めていると鉄道模型屋があったので
チェック。なんと中央駅の近くだった。

バスを降りてとりあえず駅構内を歩く。すごい!今まで見た
駅の中で一番売店の数が多いのではないだろうか、
とにかくでかい。
ハンブルグ中央駅
[ハンブルグ中央駅]
ハンブルグ中央駅
[駅構内はかなり天井も高い]

今日は気温が高いので水を買って滞在するホテルに。
でも地図を見てもよくわからない。コンパスを出しても
自分が思っているところを指さない。よく考えてみたら
僕が間違っていて、駅の反対方向に出たことがわかり
引き返し、ホテルに到着。
ハンブルグ ケルピンスキーアトランティックホテル
[ハンブルグのお宿はケルピンスキーアトランティックホテル]

部屋に入って早速シャワーを浴びて昼寝をした。
目覚めてから一番の繁華街レーパーバーンに行くために
ハンブルグ中央駅に行き地下鉄に乗る。

しかしよくわからず、ここでもまた地図を広げていると
警察の人が助けてくれた。指してもらった方に行くと
もうホーム。切符売り場や改札がない。元の位置に戻って
切符を買うがわからず、勘で買った。

最寄り駅で降りうろうろ。何か柄が悪そう。でもここは
ビートルズの聖地と言われているそうで、ビートルズ
プラッツ(ビートルズ広場)という所もあります。なぜ
聖地かと言うと、下積み時代によくSTAR CLUB
(現在はない)によく出演していたのだそう。ビートルズ=
イギリス リバプールと思っていたのですが違うのですね。
ハンブルグ レーパーバーン
[かなりの歓楽街。大阪人の僕も少し怖いかも]
ハンブルグ レーパーバーン
[ビートルズのモニュメント]

地下鉄で中央駅まで帰り夕飯。お昼結構食べたので
少なめでいこう。考えた末、何かの薄い皮で巻いた
イタリアンサンドと、キウィのジュース(これがうまい)
そしてホットドックを食べ、帰りに飲み物を買ってホテルに
戻った。

気軽にフォローを!


スポンサーサイト
今日はドイツのハンブルグに移動するので朝5時に起きて
準備をし、6時にホテルをあとにした。
ストックホルム 地下鉄 ングストラッドゴーダン駅
[地下鉄ングストラッドゴーダン駅の通路]

地下鉄で中央駅、そこからアーランダエクスプレスで
空港へ。朝早くにもかかわらず結構な人だ。
アーランダエクスプレス 車内
[アーランダエクスプレスの車内]

空港に着いてからまずチェックインしようと並んでいると、
「自動チェックイン機で手続き出来ます」と言われたので、
はじめて使ってみた。ちょっとややこしっかったが何とか
無事に終了し、朝ごはんを食べるためにストックホルム
到着時に行ったレストランに行く。

時間が時間なので空港職員が多かった。また滑走路を
見ると離陸待ちの飛行機でいっぱい。ご飯を食べてから
売店で絵葉書を買おうと思ったが、税関を通ってからでも
買えると思ったので先にボディーチェックを受けた。そして
中に入るとおめがねにかなう絵葉書はなかった。
こんなことだったら早くに買っておくべきだった。

飛行機を待つ間新ターミナルや、別の搭乗口にも行く。
8時30分ごろやっと乗っていく飛行機が到着。折り返し
作業を済ませて8時50分に搭乗開始。でも荷物を
預けるように言われた。何しろ50人乗りの飛行機だから、
あの転がすかばんでも大きいのだろう。

パソコンを取り出して飛行機に乗った。さすがに小さい。
席に着いてしばらくしてから定刻に飛行機はスポット
アウトした。
ルフトハンザ CRJ アーランダ国際空港
[ルフトハンザのCRJ200]

機内では朝食(出るとは書いていなかった)をもらい
ジュースを飲んだ。そして1時間35分の旅は終了し
ハンブルグについた。何かこじんまりした空港だが
いい感じだ。

飛行機を降りて荷物を引き取り、バスでターミナルに移動。
そしてterminal内をうろうろ。
出発階に上がると広々とした感じだ。そしてここには
テラスがあり飛行機を見ることが出来る。そして到着階には
大きくはないが飛行機ショップがあったので20分ぐらいは
いただろうか?帰りに何機か飛行機を買って帰ることにし、
お昼を食べに先ほどのテラスに。
ハンブルグ・フールスビュッテル空港

ハンブルグ・フールスビュッテル空港
[ハンブルグ・フールスビュッテル空港]

まず飛行機を見てから魚フライとサラダ、そして付け合せに
ポテトを食べた。やっぱりポテトの国だけあっておいしい。
残そうと思ったが全部食べてしまった。
ハンブルグ フールスビュッテル空港
[テラスでお昼ご飯。絶好の飛行機ヴューポイント]

気軽にフォローを!


デパートのオーレンスのレストランでお昼を食べ、
約1時間ぐらい休憩してからスルッセンに向かう。

駅を出てからカタリーナヘッセンという丘に登るための
エレベータ(有料:5クローナ)に乗りビルの屋上に上がる。

ガイドブックには「いい眺望」と書かれていたが、肝心な
ところはエレベータ塔となっていたのでそれほどでもない。
写真を撮ってからレストランを抜け丘の上へ出る。
ストックホルム カタリーナスルッセン
[カタリーナスルッセンから中心部を]
ストックホルム カタリーナスルッセン
[カメラを右に振ると]

ここでも少し休憩し、お城みたいな建物があったが何か
わからず、今度はこの地区の目抜き通りヨット通りを
スルッセンまで下り、ハーンシュ通りを少し歩いたが
すぐに引き返し、スルッセンからホテルまで運河脇を歩いて
帰った。

ホテルに帰ってから今日は昼寝はしないと思っていたが、
1時間ぐらい寝てしまったか?それから夕飯を食べるために
ガイドブックに載っていたニルス・エミールという店に
向かう。

地下鉄に乗ってスルッセンのもう1つ先の駅で降りると、
大きな広場に出た。いかにも庶民的な広場だった。地図を
頼りにしながら歩いていったが、書いている番地にはなく、
姉妹店の方はあったが、誰もいない。仕方がないので
スナップスという店に向かう。

この店は駅前にあり超満員。相当時間がかかるらしいので
中央駅まで戻る。19時を過ぎていたので飲食店も閉まり
始めていた。何件か心当たりを捜したがなかったので
国鉄の駅に行きfiskという店にも行ってみたがあまり
食べたくなかったので地下のkioskでコーヒーと
サンドイッチを買って駅のベンチで食べてから、今夜は
ストックホルム最後なのでコンサートホールからクングス通り
ビリエール・ヤールス通りを通ってニブロ湾沿いを歩いて
ホテルに帰った。
ストックホルム コンサートホール ノーベル賞
[コンサートホール。ノーベル賞の授賞式はここで]

このルートには結構いい店が多かった。また途中「レストラン
イーストへようこそ」という名前の日本食屋もあった。
そういえば「3代目加藤」という店もどこかにあったな?
あっ、あれは大きな本屋の前だ。

気軽にフォローを!


今日は昨日行けなかった建築博物館からと思い
向かったが休館日。仕方がないのでギャレリアンに行き
両替をしようと。しかし、長蛇の列だったので館内を
見て回る。

一角に回転寿司らしき店があり、見てみようと・・・、
ちょっと高台になっていたので同じフロアからは見えず
上の階から確認。ベルとコンベアはあったが、すしは
回っていなかった。

同じ階にCD屋があったので覗く。ランダムにジャケットを
見るとかわいい子のCDがあったので買おうかと思ったが、
どこでも買えるだろうとデパートのオーレンスに向かう。
レストランのある階をウロウロし、地階のCD売り場へ。
しかしよく探したが、さっきのCDは見つからず、また
ギャレリアンに戻りCDを購入し、両替も済ます。

それから今度はドロットニングホルム宮殿を見学するため
地下鉄に乗り、ブロマプラン駅で降りそこからバスで
向かった。

しかしバスの系統図がややこしかったので、果たして
ドロットニングホルム宮殿にいくのかどうか判るまでに
結構時間がかかった。なぜならガイドブックに載っている
情報とはちょっと違っていたからだ。宮殿前のバス停で
バスを降り、宮殿に向かう。
ストックホルム ドロットニングホルム宮殿
[ドロットニングホルム宮殿]

しかし大きな看板がなかったため宮殿の端のミュージアム
ショップに出る。ここで絵葉書とピンバッチを買って宮殿の
裏側(湖側)にまわり宮殿内を見学する。スウェーデン語と
英語のガイドツアーがちょうどあったが、どちらにしても
解らなかったので一人で回り、見学後は宮殿を出て
湖側からと、庭園側から写真を撮ってバスでブロマプラン駅、
そこから中央駅に戻りオーレンスのレストランでお昼を取る。
ストックホルム ドロットニングホルム宮殿
[庭園側から]
ストックホルム ドロットニングホルム宮殿
[ドロットニングホルム宮殿は北欧のヴェルサイユとも・・・]

魚のスープと、何かの肉(硬い)の黒ペッパーステーキと
コーヒーを飲む。

気軽にフォローを!

刑務所博物館

カクネス塔から刑務所博物館に向かっている。しかし
違う方向へ向かっていたので橋を下ったところでバスを降り、
反対方向のバスに乗り換え元の位置に戻り、坂を下り
小さな島に行くための小さな橋を渡った。でもちょっと
場所がわかりにくかったので壁伝いに歩いていった。
そしてMUSEEと書かれているところに着いたが博物館の
入り口?ガイドブックを見直すとホテルのレセプションと
博物館のレセプションは一緒とのことだったので中に入る。

入場料を払って中に入ると、独居坊がホテルの客室に
なっていた。左側が博物館になっているのだが、コードを
押さないと中には入れないことになっているので、コードを
押して入るとちょうどガイドツアーをしていたが、もちろん
スウェーデン語だったのでわからず、とりあえず全部見て
レセプションで絵葉書を買った。
ストックホルム ロングホルメン刑務所博物館
[独居房部分はホテルの客室]
ストックホルム ロングホルメン刑務所博物館
[博物館に展示されている独居房]
ストックホルム ロングホルメン刑務所博物館
[運動場の監視台]
ストックホルム ロングホルメン刑務所博物館
[運動場は併設のCAFEの一部に]

それから周りを歩いていると小さな湖水浴場に出てきた。
でも砂浜が少ししかなく、泳いでいるのは小さな
子供だけだった。地下鉄に乗って中央駅で降りて
また回りをぶらぶらし、ホテルに。

今日は掃除はすでに終わっていた。今日は昼寝をしないと
決めていたのだが、やっぱり2時間寝てしまった。
19時30分になっていたのでご飯を食べに中央駅に向かう。
国鉄駅の構内に、焼きそばをTAKE OUTできるところをお昼
見つけたのでそこに行き、それだけでは足らないので隣の
PIZZA HUTでピザを買い夕食にする。

国鉄の中央駅に向かうときに魚料理店を見つけたが、
あまり食べたくなかったので今回はパスしてしまったが、
覚えておこう。それから駅構内の売店で水とジュースと
コーヒーを買って、コーヒーをベンチに座って
飲み終わってから地下鉄で帰りかけたが、お腹が
痛くなったのでトイレに行き、地下鉄の改札の前にあった
スーパーで歯磨き粉を買ってホテルに帰る。

気軽にフォローを!



Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。