FC2ブログ

プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


今日は朝から雨が降っている。

新聞をもらってからNITTSUに引っ越し代金の支払いに。

最終的には荷物は段ボール3個。大きいのが1つと
.小さいのが2つ。そのうち大きいのが重量オーバー
だったが、見逃してもらった。

実は、家には体重計などの重さを量る機器がなく、
このためだけに購入するのも手間というか、
もったいないので勘で重量を予測したのだ。体重計が
なかったのでフランスに来てから、もちろん体重も量って
いない。いったい何キロ体重が増えているやら・・・

引っ越しの手続きが終わり、MONOPRIX(モノプリ)
カフェテリアの写真を撮ろうと思ったが、カメラにメモリー
スティックが入っていない。引っ越しの書類もあることから
一度家に帰り、ラーメンを食べる。

このモノプリカフェテリア。大変便利。場所はPyramides
(ピラミッド)駅上で、スーパーなのでOPERA(オペラ)界隈で
日用品の買い物ができるのももちろんだが、カフェテリアの
コストパフォーマンスがすごい。はっきり言って安い。しかし
時間が限定されているので注意が必要だが・・・。
マユコ曰く「たぶん余った食材で作っているから
安いのでは?」と・・・

食後は昨日ののニュースでしていた、フランスの新聞と
言えば?必ず誰もが答えるLe Monde(ルモンド)の挿絵展を
見るためにカルヴァナレに。

でもメトロに乗っている時、そう言えばヨーロッパ写真
博物館の存在を思い出し、まずそちらから先に行くことに。
メトロの最寄り駅も一緒だし・・・
パリ ヨーロッパ写真博物館
[ヨーロッパ写真博物館。正面玄関]
パリ ヨーロッパ写真博物館
[館内から外をパチリ]

気軽にフォローを!


スポンサーサイト



カルナヴァレに

ヨーロッパ写真博物館を見学後、カルヴァナレに行く。
パリ カルナヴァレ
[カルヴァナレ]
パリ カルナヴァレ
[カルナヴァレといえば、やはりコレ?]
パリ カルナヴァレ
[中庭から建物だけをパチリ]

すると今日はラッキーな事に入場料が無料。パリの美術館、
博物館ではたまにある。
中に入り常設展を見て回るが、建物内はデジタル数字の
8の形になっているので少しややこしい。案の定、道に
迷いながらも特別展以外は全部見れた?と思う。そして
今回のお目当て、フランスの新聞といえばLe Monde。
そのLe Mondeの挿絵展の会場を見つけたので、中に
入ろうとすると、ここは別にお金がいるらしく、窓口で
お金を払う。その時、困っている日本人がいたので通訳し、
切符を買っい、窓口のおっちゃんとちょっとだけ話し、
その特別展に。

この挿絵を描いている人は、新聞の挿絵以外にも絵を
書いているのだが、僕は新聞の方に興味を持った。帰りに
荷物になるが本を買って次はPassy(パッシー)の方に
出かけた。
パリ カルナヴァレ Plantu
[荷物にはなるが、買ってしまった本]
パリ カルナヴァレ Plantu
[新聞でこんな絵を見た事はありませんか?]

気軽にフォローを!


Passy(パッシー)

カルヴァナレに行ったあとは、今回滞在して初めてPassy
(パッシー)の街中を歩く。
paris ratp passy駅
[建物の間から出てくるメトロ。そこがPassy駅]

PassyはParisの中でも高級住宅地。日本企業の
駐在員たちもたくさん住んでいる地区。しかし個人的には
Parisらしさのない所でもあるので、過去1回訪れただけだ。

このPassy地区の中心でもあるPassy Plazaの前を通り、
marche(マルシェ)を見てそのまま歩いていたらla gareという
レストランを発見。それからコルビジェ財団に
行きたかったが地図を持っていなかったので交差点の
脇にあった地図で確認し行ってみたが、個人の家みたい。
時間も遅かったので入るのを止め、そのまままた街中を
歩いていった。
paris passy plaza
[Passy Plaza]
パリ レストラン la gare
[名前は「駅」だが、レストラン。]

どこを歩いているのかさっぱりわからず、約20分ぐらい
歩いていたら10号線のPorte d’Auteuilに出てきたので、
そのままメトロに乗り家に帰った。すると大家のミッシェルが
「いつ日本に帰るか」聞いてきたので「明日だよ」というと
「何時ごろ?」と言われたが「わからないので」そう答えた。

気軽にフォローを!


昼寝をしてから、夕飯食べにChartier(シャルティエ)に行く。
パリ ビストロ シャルティエ Chartier
[Chartierの外観。通常は外まで人が並んでいる]

Chartierはパリのガイドブックを見ると、必ずっていって
いいほど載っている有名店。僕は通常この手の場所は
あまり行かなかったのだが、ここは別。安くて
おいしいから・・・
パリ ビストロ Chartier シャルティエ
[店外に掲示されているメニュー]

時間が早かったのですんなり入り席に着く。

しばらくすると、ほぼ満席、僕の席も相席になった。まず
最初に来た人はフランス人の歌手で日本にも来たことが
あるとか。そして仕切りを隔ててアメリカ人弁護士、そして
プエルトリコ人。この歌手がよくしゃべるので大変
面白かった。それから僕の隣には台湾人、そして
向かいには元バトームーシュの船長が座り6人で
わいわいがやがや。

よく考えてみたらこの船長、先日のTVのドキュメンタリーに
出てた人だった。その船長は一足早く出て行き、今度は、
また違うフランス人が座った。結局最後までみんな付き
合った。
パリ ビストロ Chartier シャルティエ
[店内の様子。1人で行くときは、必ず相席に]

この日の夕食は、エスカルゴ、エスカロップ、そして
コーヒーアイス。

店を出てフランス人歌手は自転車で、台湾人とその前に
座っていたフランス人は歩いて帰った。僕はメトロに
乗って最終日恒例のシャンゼリゼを歩くことにした。

「最終日恒例」とは?僕は留学前、旅行で8回パリに
来ていたのだが、その旅行の最終日はいつも
「仕事がんばって、また(パリに)来よう」という意味を込めて
シャンゼリゼを歩くという事をしていたので・・・

気軽にフォローを!



Powered by FC2 Blog