プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お役所の手続き

フランスから帰ってきて、ゆっくりしたいところ?だが、
まだまだしなくてはならない手続きが・・・。

このあたりのところは、留学本には書かれて
ないんですよね~

今回はお役所編です。
1.転入届。
留学前に転出届を出しているので、戸籍が日本国内に
ない状態なので出しておきます。
中には転出届を出さずにフランスに留学する人も
いるそうですが、そうなると住民税や国民年金などの
金銭的負担が大きくなるのですが・・・。

手続きは、転入した日から14日以内に戸籍を扱う部署
(市町村によって呼び方が違う)に、戸籍謄本、戸籍の
付票の写し、パスポート、印鑑が必要。

ただし、戸籍謄本、戸籍の付票の写しは、本籍地と
住所が同じ場合は不要。またパスポートは、入国時に
自動化ゲート通り、スタンプが押されない場合は、
航空券の半券が入国日の証明になるので必要に
なります。

戸籍の付票って?
なにか調べてみると住民票と同じ(居住歴を示す)
なのだが、住民票は住んでいる自治体が管理し、
戸籍の付票は本籍地が管理するものらしい。

2.国民健康保険。
留学中は、留学の保険が適用されているが、学生や
僕みたいに会社を辞めて留学している人は無保険の
状態なので・・・。これは住民登録を済ませてから。

3.国民年金。
手続きには年金手帳を持って行きましょう。印鑑も
いります。


実は今回いちばん書きたかったのは、この国民年金。
留学すると日本に住所がなくなる(転出届を出した場合)
ので納付義務がなくなります。そして年金を受けるための
資格期間(480ヶ月)には計算されるが、年金額には
反映されない。ということは支給額が減額されるという事。

そこで僕は、留学中は強制加入から任意加入に
切り替えて納め続けていました。そして帰国して、
このお役所の手続きをしたのですが、ここで問題が発生。

手続きを市役所の出張所(サービスセンター)で
行ったため、転入届と国民健康保険の手続きは
済んだが、国民年金について、サービスセンターの
担当者がミスをしていたのだ。

しかもそのミスが判明したのは、数年も経ってからの事。

ある年、お金がなくて年金が払えなくなりそうに
なったので、市役所の年金保健課に減免の申請に
行った。そこである事実が判明。担当職員が言うには、
「帰国後、転入手続きの際、国民年金の種別
(任意から強制に)が変わっていない」との事。つまり
年金受け取り時(まだまだ先だが)の支給額が
少なくなる状態だった。同じ金額を払っているのに。

そこでこの担当の人は、社会保険事務所にすぐ連絡を
取り、市役所が事務処理を誤った事を認めた上で、
入国した月から今までの間の年金の種別を「強制」に
変える手続きをとってもらった。

正直言って僕も全然気づかなかった。
社会保険事務所から「ねんきん特別便」なるものが
送られてくるが、当然国民年金を納めているので
「納付済」と印刷されている。しかし納付の種類までは
記載されていない。ここが落とし穴なのだ。

たまたま国民年金の納付額の減免申請に行って、
担当の職員の人が気づいてくれたので、この事態が
判明したが、行ってなかったら今もなお「任意加入」の
ままだっただろう。

僕みたいな事がないように、長文ですが書いて
おきました。

それにしても、ほんとに年金もらえるのでしょうか?

僕が年寄りになった時???
国による「オレオレ詐欺」(今は「振り込め詐欺」でしたね)
にならなければいいのですが・・・
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。