プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留学候補地

事実上のGOサインが出たので、準備を始めることにする。
まずは本屋に行き「成功する留学」を買いパラパラと
読み始めた。
やはり重要なのは、住む所と留学費用。都会に住むと
美術展やコンサートなど催し物が多く、何かあったとき
(行き詰ったり…)の気分転換ができるが、何をするにしても
費用がかかる。それに対して、地方に行けば同じ費用で
それだけ長く滞在できる。どちらをとるか、最初の難問だ。

この時点まででフランスにはもうすでに8回旅行で来ており、
滞在した都市はパリ、ブルターニュ地方の中心都市レンヌには
2回、ドイツとの国境アルザス地方のストラスブール、
地中海沿岸のニース。あと忘れてはならないのは、
フランス語は何もフランスだけのものではない。他の国でも
話されているところはある。

例えばベルギーのブリュッセル。ここはフランス語と
オランダ語との併用で、街中にある表記は必ず2ヶ国語で
されている。スイスに行くと公用語が4つもあり、
特に西側はフランス語圏。ジュネーブはUNHCR(国連難民
高等弁務官事務所)などの国連の機関がある都市だし、
少し東に行けばIOC(国際オリンピック委員会)本部がある
ローザンヌに滞在したことがあるので考慮に入れた。

スイス・ジュネーブ駅構内
スイス・ジュネーブ駅の”線路を横切ってはいけませんよ”の
注意書きは4ヶ国語表記。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paris2.blog104.fc2.com/tb.php/11-fe61368f


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。