プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
留学をするにあたり、一番の問題になるのがお金の
問題だろう。これによって行き先や学校、住居が左右
されるのは皆さんもご承知だろう。会社を辞めると
決めたのが4月。留学の開始が10月だから、どの
タイミングで会社を辞めればいいかを計算し始めた。
4月の時点で貯金が300万円。会社を辞めれば退職金が
プラスされる。お金はないより、あるに越したことがない。
しかし、今、決まっていることといえば、留学先をパリに
したということだけ。学校や住居、その他の手続きも
しなければならない。

時間的計算をすると、会社を辞めるときは1ヶ月前に
申し出る法律がある。それとフランスはバカンスの国。
7~8月は事がうまく運びそうにないことを考えると、
最大で3ヶ月しか時間がない。日本でできる手続きは
ともかく、フランスに行かないとできない手続き、特に
住居関係は考えるだけでも頭が痛かった。

というのも、以前にこのブログにも書いたエールフランスの
スチュワートをしている友達が、家探しに本当に
苦労したことを聞いたことがあるからだ。その当時
住んでいたところは、空港への通勤には便利だが、
部屋がなにしろ狭く、日当たりもあまり良くないところ
だったので引越しを決意したのだが、1年たっても
理想の家は見つからず、仕方がないのでバスチーユの
アパルトマンに仮住まいをして、その6ヵ月後ようやく
自分の納得できる所を見つけた。フランス人でさえ
このような状態なのに、外国人の場合はもっと大変なのは
簡単に予想がつく。しかも仮に住むところが見つかったと
しても、実際自分の目で見たり、契約の手続が必要と
なるので留学前に渡仏しなければならない。そうなると
1回10万円単位のお金が動いてしまう。もし留学中に
何らかの非常の事態があることも考えられるので、
なるべく資金は温存したかった。実際留学中、第三者
("者"というよりも"社")による不測の事態により、
日本に緊急に帰国したこともあったので…




ランキングに参加しています。応援してくださ~い。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paris2.blog104.fc2.com/tb.php/13-502ac05a

パリ 留学の情報

海外留学は語学の習得の最適手段です。このサイトは海外留学に関する様々な情報を掲載しています。今回はパリ 留学です。エコール・ド・パリ色々と調べていましたので紹介してみました いつか パリ に行ってみたいものです ビッケのお友達は ロンドン に留学中だそうです す

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。