プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪徳エージェント

時間や費用の観点から、留学をサポートしてくれる
エージェントを調べ始めた。よくNHKのフランス語講座の
テキストの後の方に広告を出しているようなところだ。
一部の留学雑誌には「エージェントはどうもトラブルが
多いらしい~」とか「自分の事は自分でしましょう」と
書かれているものも多いが、冷静になって考えると
「かえって安くなる場合もあるのでは」と考えた。

例えば、前回も書いたが住居に関する場合、探す手間も
そうだが、直接手続をするとなると1回の渡航費が
約10万円かかるだろう。10万円もあれば1ヶ月の家賃と
食費が捻出できるのでそれだけ長く滞在できる。
エージェントに頼んだ場合、実際にかかった費用は
別にして手数料としてどのぐらい取られるかが重要
キーワードとなる。また1社単独ではなく複数の会社から
見積もりを取ることを忘れないように。ただ「安ければ
いい」や「高いから安心できる」という考えは捨てた方が
いい。エージェントにも頼むが、その相場が妥当なのかを
自分で試算することは必要である。つまり丸投げは
いけないということ。僕の場合は3社に見積もりを
依頼し、その中の1社が次のような見積もりを出して
きたので一度考えてみてほしい。

仮の条件が…
学校はソルボンヌの通年講座2期(24週間)
住居が12区のNATION駅徒歩5分のSTUDIOの
                4階で滞在は9ケ月。
保険料、カウンセリング料、入学許可書の取得、
必要書類の法定翻訳、現地のお迎えとミーティング、
現地の駐在員のサポート
…の合計が288万円と言ってきた。さてこれは妥当なのか?

業者が細かい内訳を出してくることはないので、自分で
計算してみた。この時点でわかるところは、
1ユーロが123円でソルボンヌの授業料が
       1学期1067.14ユーロ×2=131258円。
住居費、僕の友達によれば550~600ユーロだろうと
          いう事で5400ユーロ=664200円。
保険料が9ケ月82740円。
法定翻訳1枚高く見積もっても3500円×2=7000円で
残りがエージェントに入るお金になる。

見積り額-必要経費を計算すると…288万円-885189円で
ざっと200万!どう考えても高すぎる。ボッタクリも
いいところである。「これなら会社に早く辞表を出して、
自分が動いて手配した方が得である」と考えるでしょう。
もちろんこの業者には頼みませんでしたが…。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paris2.blog104.fc2.com/tb.php/14-42b68070


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。