プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

財源保証

これも学生ビザ申請の前に、しておかなければならないこと。
滞在費の証明。大使館のHPによると「海外で引き出し可能な
銀行または郵便口座の残高証明書」で「発行日から1ヶ月以内の
もので英語または仏語翻訳されたもの」とある。また申請する
ビザの種類(期間)によって財源保証の額が違う。

僕が留学した2002年と現在とは、状況が違うので注意して
欲しいのだが、今回サイトを見て「残高証明書」って単純に
考えて"郵便局かCitibankで口座をつくれ"という事なのかと
思った。でも僕のときは違って、これのほかに、フランスの
銀行宛の留め置き送金証明書、トラベラーズチェックの外貨
購入計算書の3通りがあった。当時、郵便局にも海外にも
口座を持っていなかったので2番目のトラベラーズチェックの
外貨購入計算書を財源証明に当てた。また購入証明書は英語で
書かれているため、法定翻訳の対象とならなかったのも選んだ
理由の一つだった。ただ注意しておかなければならなかった
のが、氏名の欄を"漢字で書いてはならないこと"。
アルファベットで書かなくては、誰が購入したかの証明が
できないからだ。漢字を読んではもらえないし…

財源保証の額も現在は6ヶ月未満の場合は3000ユーロ、
それ以上は6000ユーロだが、当時は滞在月数×380ユーロ=
約4500ユーロでよかった。
外貨購入計算書





にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。




スポンサーサイト

コメント

ビザ申請

こんにちは、ビザ申請時の残高証明のことでちょっと
こまっていて、いろいろ調べていたらこのブログにたどり着きました。いろいろ拝見してとても参考になりました!
「郵便局の口座」は、日本の郵便局の口座でもいいんでしょうか・・・。今海外の口座をつくるのも早すぎるしお金もかかるだろうし、
あまりしたくないので、郵便局だったら口座があるし利用したいんですが・・・。それか、トラベラーズチェックなどでの証明は現在も受け付けてもらえるんでしょうか。
周りは代行サービスを利用した人が多いですが、私は節約のために自分で申請予定です。大使館にも問い合わせてみようと思いますが、別件の問い合わせの返事が未だにこなかったりで、ちょっと困っています。
もし前述の疑問に関して何かご存知でしたら、教えてください。

natsukoさん>
日本の郵便局の口座で、現地で引き出しが可能なら
残高証明を英語またはフランス語で翻訳して
もらえれば可能ですが、この場合Citibankの提携
カードが必要になると思います。
現在このカードの新規受付は終了しているので
カードをお持ちでない場合は、不可能となります。

トラベラーズチェックによる財源証明は、現地での
滞在許可証の申請では申請書類として有効ですが
日本でのビザ申請の場合は、今はどうかわかりません。

僕が申請した年には、大使館のHPにもトラベラーズ
チェックの購入計算書は財源保証の証明になります。と
記載されていましたが、現在は書かれていない
みたいですね。

周りに代行サービスを受けた方がおられるのなら
その人に聞かれた方が確実だと思います。
なお、申請方法はよく変更されますので、この答えは
確実なものではありません。あくまでも参考程度に
見てください。

手続きは大変でしょうが、頑張ってください!

お返事ありがとうございました!
とても参考になりました!もうすこし調べてみようと思います。
やることが多すぎて、あっというまに時間が過ぎてしまいますね(汗)
無事フランスに着けるように頑張ります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paris2.blog104.fc2.com/tb.php/21-3b02ef2d


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。