プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はドアをノックする音で目が覚めた。土曜で学校が
休みだというのに・・・。

最初向かいのケイコかと思ったが、大家さんのアセニアの
子供が日本からの書籍小包が届いたので持ってきて
くれたのだ。

実はフランス語の文法書(日本語記載)をフランスで
購入することもできるが大変高い。当時あった日本語書籍
専門店、文化堂でも日本の定価の2倍。今あるBook Offでも
それなりの値段がするとも聞いている。

ただでさえ定価の高いフランス語の文法書。1冊だけで
6000円も払うのは貧乏学生にとっては正直痛い。どうにかして
安く手に入れることはできないだろうか?

誰でも思いつく手段は「Amazon.jp」でと考えるが実は
落とし穴が。確かに本の定価は安いが送料がかかる。しかも
発送手数料まで取られる。それにEMS(Chrono)で
送られてくるので関税がかかる場合があるし、おまけに
EMS(Chrono)は地域によっては配達率が悪い。

「配達率が悪い」とは配達員がきちんと届けてくれない
という事。普通、受取人が不在の場合は不在票が入るが
それも入らない。ひどい場合は配達もされず、そのまま
日本に送り返されるケースまである。

なので僕は注文はAmazon.jpでし、日本の家族に受け取って
もらい、それを書籍小包として送ってもらったのだ。

そのほかの手段としてはオンライン書店のビーケーワンがある。
ここの場合は発送方法が選べるので送料コストは抑えられる。

ビーケーワンの海外発送について
http://www.bk1.jp/docs/help/He_e04

Amazon.jpの海外発送について
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=footer_shiprates?ie=UTF8&nodeId=642982

気軽にフォローを!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paris2.blog104.fc2.com/tb.php/256-6550cbf4


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。