プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災

東日本大震災で被災された方々に、お見舞い申し上げます。

私は関西(大阪)人ですが、何か人事のようには思えません。
やはり、阪神大震災で被災したわけではありませんが
(それでも相当家は揺れた)、間接的な部分で影響を
受けたからでしょうか。

私の祖母や叔父は神戸に住んでおり、家屋には異常が
ありませんでしたが、物資が不足。特に水の確保が大変
だったそうです。また友人たちも阪神地区には多く、
ライフラインの復旧に2ヶ月以上かかり、「これでやっと
お風呂が入れる」と喜んでいたのを今でも覚えています。

私自身、当時、自動車教習所の教官1年目で地震があったのが
早朝。教習所に行こうとしても、電車がストップして
いたので自宅待機。電車の運転が再開されて教習所に到着。

しかし、教習所の前の道が、神戸につながる幹線道路と
いうこともあり、すでに大渋滞。路上教習に出ると
教習時間内に帰ってこられない教官、生徒が多数出ました。

1時間に進む距離はたったの500m。車のナンバープレートを
見ると、函館や浜松などの遠方からの救援車両で
いっぱい。大変ありがたかったです。何とか早く
行ってあげて欲しい。そんな気持ちでいっぱい。
(その後、路上教習は影響の出ないコースに変更)

今回もそうです。食料がない、ガソリンがない。。。
政府も、もう少し早く対応できるのではと思うのですが。
でも、みんながんばっているのです。首都圏の人たちも
不便だけど計画停電に協力して・・・。

これが他の国だと間違いなく暴動が起きる現状。しかし私たち
日本人は規律を守っている。

地震直後、現在の仕事の関係上、外国からたくさんの
安否確認メールを受け取りました。フランスからは特に。
「福島原発の放射能漏れは大丈夫なのか?フランス大使館は
在留フランス人に帰国するよう促している。避難しなくて
いいのか?もし避難するなら別荘を使ってくれてもいいよ。」
というものまで。

本当にうれしかったです。親切にしてもらえて。
また日本人で。

復興するには、かなり時間がかかるかと思いますが、みんなで
何かやっていきましょう!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paris2.blog104.fc2.com/tb.php/270-b7280566


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。