プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうそろそろ出発が近づいたころ。荷造りをしなければ
いけない。フランスで生活して困った時、"これが
あれば"というもの、またあらかじめ情報を得ていて
実際に持っていったものを今回から数回にわたり
取り上げてみようと思う。

やはり生きるために一番大事なのは食べること。
食文化の違いは大きい。はじめのうちは洋食が続いても
さほど苦にはならないが、それが長くなるとストレスにも
なってしまう。僕の家は父母弟と僕の4人家族で母親いわく
"もし私が倒れたら、誰も家のことが出来なくては困る"
とのことから子供のときから包丁を持って料理を教えて
もらっていたが、それでもレパートリーは少ない。女性の
皆さんはどうでしょうか?

そこで重宝するのが、"100円均一で売られている料理本"。
和食、洋食、中華と種類別になっていてしかも本自体が
小さいのもオススメするポイント。実際、ぶりの照り
焼きや肉じゃがはこの本を見ながら初めて作りなかなかの
できだった。

和包丁・・・フランスは包丁というよりか、ナイフを器用に
使うので現地調達が難しいかも。
まな板・・・"手先で何でも処理するので、まな板はいらない"
というフランス人の友人。確かにそうだ。一応スーパーで
見かけたことはあるが、大きさは日本の半分ぐらい。
おろしがね・・・大根おろしは食べなかったけど、複数回
開催したお好み焼きパーティーの時には大活躍。日本食
専門の食料品店に行けば、お好み焼きの粉も売っているが、
そこは貧乏学生。スーパーの小麦粉と牛乳、卵とあと
中華街に行ったときに山芋を買えば数倍おいしい
お好み焼きが出来る。
玉子焼き器・・・これは少し重いが持っていった方がよい。
在仏中、歯ごたえのある玉子焼きを食べれなかったので
(いつもオムレツみたいになってしまう)。
コテ・・・もちろん卵焼きをひっくり返す物。大阪では
お好み焼きを食べるのにも使う。

これらの物は、100円均一で手に入れることは出来るので
(卵焼き器は無理かな?)荷造り前にぜひ一度。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paris2.blog104.fc2.com/tb.php/28-d15e4c70


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。