プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役所への届出

お役所での手続きで真っ先に思い浮かぶのが転出届。
いつから受け付けてもらえるのだろうか?だいたい
公的な書類は行為が起こる(起こった)2週間前(後)が
原則。しかし転出届の場合は2週間前ではなく
"あらかじめ"、住民票のある役所に届出をしておく。
正式な住所が決まっていなくても○○県○○市までは
用紙に記入しなければならない。ちなみにパリは、
イルドフランス県パリ市。書類を提出すると住民税は
翌年の6月からだが支払わなくてもいいし、また
国民健康保険の保険料もその対象となる。では
国民年金はどうなるのだろう?

基本的には届出をした時点で中断となるが免除ではない。
また継続して支払うことも出来る。年金の受給資格は
25年間納付していれば満額支給されるし、例え海外に
住んでいても受給できる。僕が留学した当時は年金問題も
騒がれていなかった時期でもあったので継続して払ったが、
今となってはちょっと考えた方がいいような気がする。
留学するにせよ、年金を払うにせよ将来の自分に
投資することになるのだから・・・。もし年金が払い戻し
(途中解約)が可能ならば、払い戻して老後資金を自分で
運用したいのですが、何とかなりませんかね~。





にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。




スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paris2.blog104.fc2.com/tb.php/32-7e57bb4b


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。