プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引越荷物

出発が近づいてくると、荷物どのように運ぶかを整理
しておかなくてはならない。大きく分けると航空機内に
持ち込む荷物。カウンターに預ける荷物。別送する
荷物。に分かれる。

僕の場合、機内に持ち込む荷物は、書類一式、パソコン
2台、光学のディスクとそのメディア(DVD-ROMなど)で
コロコロ転がす小さなスーツケースにぎっしりつめた。
カウンターに預ける荷物には、当分の間の着替え、
書籍(荷物が紛失しても現地の本屋で購入できるような本)
をつめた。問題となるのは別送する荷物。何を持って
行って、何を置いていくのか。またそれがどのぐらいの
重量があり、料金がいくらかかるのか、必要な手続きは
何かを整理した。

結論から言うと段ボール箱2箱分を航空便で送った。
その内容は1箱目は食料品関係で軽い物。箱の大きさは
みかん箱よりも少し大きめで、中身はお米、インスタントの
味噌汁、しょうゆ、みりん、だしの素、お茶、急須、
湯のみ、包丁、まな板、おろしがね、カレーのルー・・・
その中で一番重宝したのはカップヌードル。一応パリの
中華系のスーパーに行けば、売っていることは売って
いるのだが、値段が結構する。当時で1個250円前後
だったかなぁ?逆に鍋で炊いて作るラーメンは安くて、
日清の出前一丁は1袋50円ぐらいで味のヴァリエーションも
結構あった。またお米は現地で日本産を買うと高いが、
"日の出"というイタリア米は安くておにぎりも作れる。
ちなみにタイ米などのインディカ米でおにぎりはにぎれない。
2箱目は衣類。特に10月からだったので冬物衣料中心に
箱詰めし、こちらの箱の大きさは、輸送できる最大限に
近い大きさの箱を用意して対処した。

輸送業者だが、当時自宅まで集荷に来てくれたのが
ヤマト運輸。いわゆる宅急便。引越しっていうほど大層では
ないし、またパリにも支店を持っていたこともあり、何か
あった時にと考え選択。そして気になる料金は・・・

箱の大きさが縦+横+長さをあわせて250cm以下、重量
25kg以下、保険料、通関料、輸送料を合わせて1箱25000円。
ただし、箱詰めとインボイス(税関に提出する書類)は
自分で書かなけらばならないが、航空便でパリまでなら
1週間で着く。

詳細:ヤマト運輸のHP





にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。



スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paris2.blog104.fc2.com/tb.php/34-ca6f4f80


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。