プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2年で仏語の単位を全て取得したので、もうこれで
人生において勉強することもないだろうと思っていたし
実際その通りになっていた。大学生活の後半は、在阪の
放送局の夜班のラジオの仕事を、学校を卒業してからは
自動車学校の教官としてスタートを切った。そんな生活が
1年を過ぎようとした時、高校時代の親友A君からの
海外旅行のお誘いが・・・この旅行が人生を変えてしまったと
言っても過言ではないかも。旅行の詳細は別ブログ
"BON VOYAGE"に綴るとして(かなりスローペースですが)
自分の中で眠っていたフランス語が、再び息を
吹き返らされた。

自分なりに「なぜ、そうなったのか?」原因を考えると
2つあって、1つはパリで夕食を食べにガイドブックに
載っていたお店にバスで向かう時、バスには行先が
書いてあり、その終点こそがそのレストランの
ある所だった。ということは、バスにさえ乗れれば
目的地までは行けるという事だ。しかしバスに乗っていると
乗客は全員下車し、車内には僕とその友人のみだった。
「おっ貸切?」と喜んでいた矢先運転手が来て「このバスは
ここで終点」「君らはどこに行きたいのか?」と聞かれた
(予想)が、2人とも英語すらままならず困っていた時、
とっさに「○○に行きたいと」フランス語が出てきて
それを言ったら運転士がびっくりして「フランス語が
話せるのか。それなら、その通りを右に曲がって・・・」と
かなり親切に教えてくれ、最後に「Bon Voyage!!」と
言ってもらえて好印象をもったこと(単純だけど)と

もう1つは、この旅の次の目的地がオーストリアの
ウィーンでそこで国連のIAEA(国際原子力機関)の
ガイドツアーに参加した。そのガイドしてくれた人が、
とてもかわいい人で「こんなにかわいい人が、世界を
背負って仕事をしているのに、自分はいったい・・・」と
ショックを受けたことかな~

「それなら英語を勉強すれば」と考えるのが普通なのだが・・・





にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paris2.blog104.fc2.com/tb.php/4-eeafc497


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。