プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラス分けテスト

着いて早々この日はクラス分け試験の日。朝6時
半ごろに起きたので、昨日やり残していた荷物を
整理する事に。そうこうしているうちに、あっと
時間が経って8時になっていた。9時に学校の前で
待ち合わせをしているのと、学校までの時間が、
どの程度かかるか分からないということもあって
少し急ぐ。シャルル・ミッシェルの駅からメトロに
乗りレンヌへ。駅を出ると朝市が行われていた。
着いた時間も少し早く、そしてバタバタしていたので
朝御飯を食べそびれていた。"CAFEにでも入って"と
思ったが、こんな時に限って見つけられない。時間が
だんだん少なくなってきたので、結局食べずに学校へ。
正門の前には駐在員さんが待ってくれていた。学校に
入るときは、学生証を見せないと中には入れないので、
テストを受けに来たことを説明し2階のテスト会場に。

中に入ると早速簡単な質問をされ(フランス語を何年
勉強していますか?とか、どこの国の方ですかなど)
そして問題を渡された。空いている席に適当に座って
回答に入る。問題の内容は、四択式で文章の穴埋め
問題が3問と作文問題が1問。

文章穴埋め問題は1.旅行先からの手紙文。
2.エッフェル塔とメトロのこと。3.パリの歴史。文作の
問題は、あなたはパリを離れていることを想定して
約200字ぐらいで友達に手紙を書きなさい。という
ものだった。最初の2題は簡単だったが、3問目は
少し難しかった。文作はまず話の"ねた"から考え
なくてはならないからだ。辞書を持っていたので、
「辞書を使っていいか」と聞くと「だめ」といわれる。
「テストだからね」っと。時間の制限も無いので、
記述がすべて終了するとその場ですぐ採点に入る。
僕の場合、特に文作の方は時制のことを注意された。
ここで、すぐにレベル別に分けられるのだが、担当の
試験官は"最初日本で登録したクラスより、少し多く
授業をこなしてから授業数を減らしてみては"という
提案があり、日本でも語学学校に通ったことが全然
無く、不安ということもあってその提案を受け入れた。

会場の外に出て行くと、試験を受けるたくさんの人が
並んでいた。1階に降りて学生登録のために教務課へ
向かう。ここには毎月1回、授業の登録をしなくては
ならないので、またまた並んだ。そして僕の番になって
登録をするのだが、授業料の送金が終わっているはず
なのに、事務員は"またお金を払え"という。でも
このとき駐在員が、"差額を払う必要がない"と
言ったのにもかかわらず、事務員のマダムは淡々と
手続きをしてしまった。そうすると後ろの別のマダムが
"またいつもの事をやっているの"と注意に入ってくれて、
手続きは何とか完了した。教務課を出る頃には、
またまた長蛇の列に。

学校を出るとすぐに駐在員とすぐ別れ、レンヌから
モンパルナスまで歩いた。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paris2.blog104.fc2.com/tb.php/40-8b6076f2


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。