プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
船の博物館見学後は、エアバス工場に行くために一度
ハンブルグ中央駅に戻り経路を確認する。

するとSバーンの終点からE40系統のバスで行けることが
わかったので終点まで向かう。しかし特別系統なのか、
バス停には系統番号が書かれていたが時刻表がないので
別系統で行くことに。するとDB(ドイツ国鉄)の大きな駅
ALTONA(アルトナ)から150系統のバスで行けることが
わかったので、SバーンでALTONAへ戻る。

駅を出る前にSバーンのロゴを撮っていたら急に扉が
閉められそうだったので、慌てて乗った。
ハンブルグ Sバーン ロゴ
[車体に描かれているロゴ]

終点に着いてからバスの乗り場を探す。この駅も結構
大きな駅だったので帰りに見て回ることにしとりあえず
バスに。

時刻表を見ると15分間隔で運行されていたが、ルートは
北エルベ川の地底を走るトンネルをとおる。時間も
約1時間はかかっただろうか。バス停の名もAIRBUS。
降りてから工場の前で写真を撮っていたら、多分NW
(ノースウエスト)のA319が試験滑走をしていた。
その奥には初代ベルーガの姿があった。
AIRBUS ハンブルグ
[Airbus ハンブルグの正面玄関]

しばらく滑走路沿いの道をに歩いて行くと土手に上がれる
ところがあったので上がってみると、今度はブルネイ航空の
飛行機が、砂煙を上げて飛び立っていった。
AIRBUS ハンブルグ 滑走路
[飛行機ウォッチングにはいいが、いつ来るかわからない]
AIRBUS ハンブルグ ブルネイ航空
[そんな中、ロイヤルブルネイ航空の機体が離陸]

今日は風がとても強い。

気軽にフォローを!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paris2.blog104.fc2.com/tb.php/451-f9229721


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。