プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての授業

朝御飯を早々に済ませ学校へ向かう。CHARLES MICHELS
(シャルルミッシェル)駅でMETROという無料の新聞をもらう。
学校の授業は朝8時30分からなので、通勤時間帯に電車に
乗ることを考えると頭が痛かったが、日本の通勤電車と
混雑度は全然違う。さっきもらった新聞が読めるぐらいだ。
途中一度乗り換えてRENNES(レンヌ)で降りて学校に入る。

今回時間が早かったためか、入口の警備員がいなかった。
まず2階の売店に行きテキストを購入。教室に入るとすでに
1人の日本人が来ていた。そしてしばらくすると、続々と人が…。
僕は隣に座った女の子に話かけてみた。"QUELLE 
NATIONALITE?(どこの国の人ですか?)"と聞いてみたら、
聞いた事もない音だったので、聞き返すとキプロス人だった。

そうしているうちに先生が遅れて到着、授業が始まった。まず
最初に先生の自己紹介から。先生の名前はNATHALIE
(ナタリー)といって、年のころは30代でとても明るい。授業は
まず自己紹介用の紙をもらう。それにまず名前だけを書いて
先生が回収する。そしてそれを混ぜてランダムに生徒に渡して
いき、そこに書かれている別の人を探し当てインタビュー
することから始まった。その紙には、名前と髪の毛の色や、
身長、趣味、目の色、服の色など質問が書いてあり、各自で
書き込むようになっている。僕はMARINA(マリナ)という
イスラエル人にインタビューすることになった。

インタビューはまずまず進んだのだが、渡された紙に"その人が
どんな人か"という欄を埋めるのはとても難しかった。でも意外に
早く課題が終了してしまったので、他の人のインタビューを見学。
一人はポーランド人、もう1人は台湾人。しかし"ポーランド"と
いうフランス語も聞いたことがなっかたので、解らないでいると、
教室の後ろに貼ってあった地図で指差してもらい理解する
ことが出来た。

書き終わると紙はまた回収。かき混ぜて再度1人1人に配布し、
今度は端から順番に教卓に出て全員の前で読み上げていき、
その書かれた人が誰なのかみんなで当てていくゲーム。僕の
読んだ紙の字はかなり汚かった(癖のある字)ので読むのに
苦労した。

それが終わると別のゲーム。クラスの半分が質問の書いた紙を、
もう半分は答えの書いた紙を持ち、質問と答えが合うように人を
探す。僕の質問は、"フランスのアペリティフは?"と言う質問
だった。答えの紙は、"LE KIR(キール)"。これを持って
いたのがまた別の日本人だった。話をすると京都の人。そして
その問題と答えを読み上げ、休憩に入った。

休憩時にトイレにいって戻ってきてから、その京都の人と話を
する。話によると昨日の朝、パリに着いたところでホーム
ステイしている。そしてしばらくしてから寮に入るとの事。実は
この人2007年10月13日のブログ(家さがし)で登場したマユコです。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paris2.blog104.fc2.com/tb.php/49-a6ba79df


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。