プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラスの日本人

このブログをはじめてからよく聞かれることがある。それは
"クラスにおける日本人の数"。留学前、僕はあまり気にしな
かったのだが・・・。

果たしてこれはどういうことなのだろうか?"フランスで
フランス語を勉強する限り、フランス語にどっぷり浸りたい"と
いうのが本音である。しかし見方を変えると"日本人が日本人を
避ける"とも捉えることが出来る。地方都市や田舎などでは
クラスに日本人は1人というのも可能かもしれないが、大都市に
なると物理的に無理が生じる。実際、僕の場合クラスにおける
日本人の割合は3~4人。クラス全体の人数が22~25人だった。

例えば、今このブログを書いている10月のクラスだと、日本人は
僕、マユコ、トモコの3人。教室の座席は壁伝いに配置されて
いて特に座る場所は指定されていなかったが、自然と離れて
座っていた。僕は窓側を、トモコは黒板正面、マユコは廊下側と
いうふうに。すると授業中解らない事が出てくると、周りのクラス
メイトに聞くことになるのだが、共通言語は日本語でも英語でも
なくフランス語なのでそれだけでも勉強になる。また休み時間も
どうしても座っている近くの人と話すことが多い。

"では日本人同士はあまり話さないの?"と聞かれたら、僕は
"先生による"と思う。"えっ?"と思われるかもしれないが・・・。

僕は留学する前、自動車学校の教官をしており、ヤクザの
親分から某有名サッカー選手まで約16000時間の教習を
担当してきたが、1対1の技能教習もあれば1対多数の学科
教習もある。特に学科教習の中で僕自身、生徒自身が同時に
満足できたといえる授業はそんなに多くない。自分が頑張っても
相手からのフィードバックがなければ、その授業はそこで
終わってしまう。でも生徒からの反応が大きかった授業をした
後は、生徒の方から僕に話しかけてくれたりする事が多かった。

今回、ナタリーのクラスに配属された生徒たち(僕たち)は、
先生の明るさと活発さによってクラスが1つにまとまったため、
他の国の人たちだけではなく日本人同士も仲良くなったところが
大きい。この後先生が変わったり、メンバーが別のクラスに
なったりすることがあったが(この事は後のブログで取り上げる
予定)結局ナタリーのクラスで一緒になった人たち(日本人も
含めて)が一番仲良く過ごす事となった。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。



スポンサーサイト

コメント

はじめまして。

mikiと申します。1月半ばにパリに到着し、
来週からソルボンヌの文明講座に通います。
全然、渡仏後の手続きが終わらず、少し焦ってます。

日本人の割合は、私はあまり気にした事がありません。
日本人が居て助かった事もあれば、日本人とも
「会話の練習」と決めて仏語で話す事もありました。
8年も前の話なので、
今回の留学で意見が変わるかも知れませんが。

頻繁に伺わせて下さい。ヨロシクです。

はじめまして

mikiさん>
パリの生活はいかがですか?
渡仏後の手続きについて、焦られているとの事ですが
心配は要りませんよ。僕の場合、銀行口座の開設
滞在許可書の発行、健康診断が終わるまで
2ヶ月以上かかったので・・・

僕も当初はアリアンスからソルボンヌに移る予定に
していたのですが、あまりにも学校の雰囲気が
よかったので、そのままアリアンスで通して
しまいました。(笑)

またソルボンヌの情報も教えてくださいね。
こちらこそよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paris2.blog104.fc2.com/tb.php/54-4638f17e


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。