プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀行口座開設

メトロの駅を間違え慌ててCredit Lyonnais(クレディリヨネ)
ピラミッド支店へ。

僕は留学エージェントを通していたので現地のコーディ
ネータが銀行口座開設のための予約を取ってくれたの
だが、エージェントを通さない場合は、日本の銀行の
ように「すぐに支店に行って、すぐに口座開設」とは
いかないのでフランス入国後すぐ、滞在許可証申請
までに済ませておいたほうがよい。また必要書類として
身分証明書、居住証明、学生総合口座を開設する
場合は学生証が必要なのであらかじめ準備しておきま
しょう。(詳細は<資料>を)

結局、時間前に銀行の前に着いたのだが、コーディ
ネーターはまだ来ていなかった。2時ちょうど、コーディ
ネーターが到着しそのまま中に入って手続きをする。
面白いことにフランスの銀行の入口は2重扉。通りから
支店に入るための扉を開け、中に入ると呼び鈴を押し、
支店内にいる行員がドアロックの解除ボタンを押すと
銀行内に入れる仕組み。だから怪しい格好をしていくと
銀行強盗に間違われ、銀行内に入れず手続きが
出来なくなることも・・・

僕たちは何の問題もなく銀行内に入り、担当の人の
デスクに行って腰掛ける。僕はてっきり男の人が担当か
と思ったのだが女の人。話し方や手続きが事務的で早口
(自分で言ってた)しかも見下す感じさえあった。日本の
銀行ならここで即手続きをやめて帰るところなのだが、
普通銀行口座の金利が、日本と比べ物にならないほど
良い(2.5%強(当時))。

契約書にサインをして、入金書類の書き方、小切手の
使い方、それにインターネットのよる口座振替の方法を
教えてもらい、全ての書類上の手続きが終わると今度は
カウンターへ行って入金になる。日本から持ってきた
トラベラーズチェックに全てサインをして、口座別(当座と
普通)にそれぞれ振り込んだ。振込み後は銀行を出て、
すぐ近くにあったキャッシュディスペンサーでコーディ
ネーターが実際にどのようにお金を引き出すかを実演
してもらってから、家にもどった。

<資料>
一応、クレディリヨネ銀行からもらった書類の一部をアップ
しておきますが、あくまでも僕が留学した時のもので
あって、現在のものではありませんので注意してください。
(クリックすると大きくなります)

クレディーリヨネ 口座開設案内 クレディーリヨネ 口座開設案内 クレディーリヨネ 口座開設案内
[口座開設案内]

クレディーリヨネ 口座開設書類 クレディーリヨネ 口座開設書類 クレディーリヨネ 口座開設書類
クレディーリヨネ 口座開設書類
[口座開設時の書類]





にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paris2.blog104.fc2.com/tb.php/63-d10200b7


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。