プロフィール

COMMANDANT

Author:COMMANDANT
ラジオのディレクター、
自動車学校の教官・・など
変わった経験を持つ、
お気楽な30代。旅行に行くために
仕事?をしてま~す。
twitterにも気軽にフォローを!
(Click)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

効果の確認

・・・といえば聞こえはいいが、要は使ってみたいので
旅行に出かけるのだ。自動車学校というところは学生が
長期の休みに入ると極端に忙しく、長期の休みが取りにくい。
ただGWは、春休みに生徒が集中した分すごく暇だし、
年末年始は時期的にまだ早いためか
(春休みにとる人が多いから)
比較的取りやすかった。1年で2回の海外旅行。
GWはパリ+他の国、年末はパリ+フランスの地方都市という
形をとっていた。

そんなある日、旅行中の機内で友達ができた。その人は
エールフランス(以下AF)のスチュワートで、その時
たまたま僕が座っていた所の担当の人だった。
食事の時間になりフランス人2人組みでのサービス。
当然、僕は「日本語はわかってもらえない」という考えがあったし、
めったに使えないフランス語を使うチャンスだったので使った。
するとその人はなんと日本語で対応してきた。「フランス語が
わかるのですか?」と聞かれたので「Oui(はい)!」と答えると、
もう一人のオテス(スチワーデス[今はCAって言うんですよね])が
フランス語で、何かいろいろ食べ物や飲み物を勧めてくれた。
その時はそれで終わったのだが、大阪-パリ間の飛行時間は
平均して11時間30分。狭い機内、当然することもなくなってくる。
席を立ちトイレに行こうとした時、その人がギャレー
(調理場)にいて声をかけてくれたので、そこで20~30分ぐらい
話し込んだ。飛行機がパリに近づき着陸態勢になった時、
わざわざ席まで来てくれて「よいご旅行を!」と言ってくれた。
着陸後、その日の乗客数が少なかったこと、また席が
後ろの方だったことに加え、その日の最終目的地がスイスの
ジュネーブで、乗継まで3時間もあったので急がず
ゆっくりしていた。降機する時に、その人を見つけたので今度は
僕が声をかけて「もし、今度大阪に来る時があったら、
家に遊びに来てください」と言ってメールのアドレスだけ
教えておいた。

その旅行から帰ってしばらくして、その人からメールがあり
「1ヵ月後に大阪にフライトがあるので・・・」のことだったので
家に泊まってもらい、僕の高校時代の親友が京都に
住んでいたので翌日3人で京都見物に出かけた。

それ以来、今でもメールのやり取りは続いており、お互いに
行き来する時は連絡はするようにしている。

でもこの時点でもまだ、フランスに留学しようとは想像も
考えもしてなかった。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ランキングに参加しています。応援してくださ~い。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paris2.blog104.fc2.com/tb.php/7-73fe548b


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。